2017年度「ユースが行く!!」冬号 ~環境キッズファミリー交流フェスタ! なーさん編~|ユースTOPICS

ユースTOPICS

2017年度「ユースが行く!!」冬号 ~環境キッズファミリー交流フェスタ! なーさん編~

2018.02.23 掲載

環境キッズファミリー交流フェスタ!

なーさん編
こんにちは、関西のユースメンバー、なーさんです!aruku-e.png
11月5日、大阪府咲洲庁舎にて開催された「環境キッズファミリー交流フェスタ」に参加してきました。
プレ交流会の事前準備からたくさんの子どもたちに触れ合い、
クラブのサポートだけでなくユースのステージ出演にブース出展と大忙しでした。
今回のイベントでは、大阪府の職員の方々と電話やメールで直接連絡を取って準備をしました。
チラシの案やステージ発表の企画書の提出などがあり大変でしたが、
大阪のユース(なーさん、ジョー、くみの3人)で協力し合い、何とか乗り切りました。

1 .〜プレ交流会「エコっていいね!大作戦会議」〜事前準備_03.jpg

本番の1ヶ月前の10月7日にプレ交流会「エコっていいね!大作戦会議」が開催され、11月5日の本番の「ステージイベント」の内容をみんなで考えました。

はじめに、環境レイカーズ代表の「しまっち」こと島川武冶さんの進行で「みんな仲良しゲーム」を行い、エコ活動の大切さや楽しさを沢山の子どもたちに知ってもらうためにはどうしたらよいか話し合いました。           

 

2 .ユースのなーさんとジョーは「みのおエコクラブ」のサポートをしました。事前準備_01.jpg

子どもたちのこれまでの活動を聞きながらステージイベントの計画までアドバイスをするのに少し苦労しました。

イベントでは、小さい子どもも参加でき、盛り上がるものが必要になります。○×クイズをすることまでは決め、クイズ内容などは当日までにクラブに戻って考えることにしました。

また、参加したクラブは発表に使うポスター壁新聞の製作が必要で、持ち帰って当日までに仕上げるクラブや、残って仕上げまで行うクラブもありました。   

3.〜「こどもエコステージ!エコっていいね!大作戦」〜

本番ステージで「みのおエコクラブ」とエコまるステージをサポートしました。2_IMG_4579.jpg
大阪で活動するのこどもエコクラブが舞台で参加型発表を行いました。
私達がサポートした「みのおエコクラブ」は、普段の活動の野菜作りから
○×クイズをしました。

沢山の子どもたちがステージにあがり楽しそうにクイズに挑戦しました。
正解者には野菜のプレゼントもありました。
お昼休みにはこどもエコクラブ全国事務局から、エコまるも参加して
「こどもエコクラブ」はどんなことをしているのかのご案内がありました。

おしゃべりのできないエコまるのために、ユースのくみがパネルを持って、サポートしました。
エコまるは手を振ったり、体を動かしてアピールしていました。ここでも人気者です。

4.〜ユースでステージ出演〜
①ユースの活動紹介

ユースの活動の一つである、こどもエコクラブで行っている活動を訪問し、その時に活動した内容の紹介や、全国フェスティバルのお手伝いについて、ユースのジョーがマレーシア訪問で学んだ「現地中学生のエコ活動」など、ユースの活動の魅力を伝えました。小学生の子どもたちも見てくれていたので、なるべく難しい言葉は使わず、丁寧に発表することを心がけました。

②「箱の中身はなんだろなクイズ」

会場のみんなが盛り上がれるものをしたいと思っていたので、ステージを見てくれている子ども達に舞台に上がってもらい、手で箱の中に何があるのか答えを探してもらいました。

「廃油から作られたものは何でしょう?」では、廃油から作られたキャンドル、缶、スポンジを入れておきました。他にも、「牛乳パックからできているものはなんでしょう?」や「玉ねぎの皮で作られたものはなんでしょう?」など、エコにまつわるものでクイズを出題しました。準備の段階では、みんなが盛り上がってくれるか心配でしたが、会場全体が一体となって参加できたので大いに盛り上がりました。

 

3_9V9A2802.JPG

5_9V9A2808.JPG

5.〜ユースでブース出展〜

アースレンジャー占いにチャレンジ!!エコ診断
エコまるからあなたにぴったりのエコ活動の「お告げ」をプレゼント!

「YESかNO」のクイズをとおして、こどもエコクラブに入ったらどんなエコ活動が向いているのかを占いました。占い結果はアクティブレンジャー、いきものレンジャー、クリーンレンジャー、クリーンアップレンジャー、サイエンスレンジャーなど、それぞれの人にふさわしい活動内容をお告げとして紹介しました。

関西では、こどもエコクラブ自体を知らない親御さんや子どもたちがたくさんいました。「面白そうな活動をやっていますね」という言葉が多く、「登録はどのようなしたらいいですか」という質問もあり、しっかりとこどもエコクラブの魅力を伝えることができたと思いました。

6_MG_1446-24-11-17-03-57ブース.JPG

7_9V9A2831.JPG

<速報>私たちユースも3月25日の全国フェスティバルに参加します!!ユースに興味がある人、参加してみたい人、ぜひぜひ当日ユースに声をかけてください!!全国から集まるクラブのみんなに会えるのを楽しみにしています!

(編集後記)

今回のイベントでは、イベントに訪れた人々を巻き込んだ参加型のステージ発表・ブース出展を主催者側から求められました。ステージ発表を行うクラブのほとんどは小学生のため、小学生にとって参加型の発表は難しいのではないかと頭を悩ましました。ユースの僕たちでも、難しい課題でした。ユースとしては第一に、ユースメンバーを増やしたいと思っているので、今後は小学校高学年や中学生がたくさん集まるイベントに参加し、ユースの魅力を発信し、新しい仲間を増やしていきたいと思います。(なーさん)。

ユースが行く!(201802).jpgユースが行く!冬号.pdf←PDF版はこちら!

★「ユースが行く!!」取材ユース募集!!
 各地のクラブ等の活動に参加して、「体験・取材したい!」ユースを募集します。
 興味があるユースは、全国事務局までお問い合わせください。
 Tel:03-5829-6359  メールは
こちら
  All Japan Youth Eco-clubメンバー募集!!

★バックナンバー

2017年度
春号 ゆっきー編「全国フェスティバルin早稲田大学理工キャンパス」(東京都新宿区)
夏号 みっちゃん編「ニッポンハムグループ 森林(もり)の活動に参加しました!」(兵庫県)
号 いときち・ゆに編「海外でのエコの取り組みはシェア自転車から」(上海・ベルリン)
冬号 なーさん編「環境キッズファミリー交流フェスタ!」大阪府咲洲庁舎

2016年度
No.1 くみ編「『こどもエコクラブ全国フェスティバル2016』に参加したよ!」(東京都新宿区)
No.2 なーさん編「大阪市内での活動するこどもエコクラブを取材したよ。」(大阪府大阪市)
No.3 みっちん編「新松戸幼稚園に行ってきました!」(千葉県松戸市)
No.4 ジョー編「『せいわエコクラブ』と『ジャカルタお掃除クラブ』の交流会に行ってきました!」(大阪府大阪市)
No.5 あまちゃん編「大鋸児童館こどもエコクラブ」(神奈川県藤沢市)
No.6 ジョー編「環境再生保全機構 マレーシア研修に行ってきました!(前編)」(マレーシア)
No.7 ジョー編「環境再生保全機構 マレーシア研修に行ってきました!(後編)」(マレーシア)
No.8 ゆに編「城ヶ島で地層の見学をしてきたよ!」(神奈川県三浦市)
No.9めぐ編「あいち生態系ネットワークフォーラムに行ってきました!」(愛知県)

2015年度

No.1 ゆっきー編「調布こどもエコクラブ」(東京都調布市)
No.2 あまちゃん編「片瀬少年少女探検隊」(神奈川県藤沢市)
No.3 ゆっきー編「MIYASHIROエコ☆スターズ」(埼玉県宮代町)
No.4 みっちん編「中央エコキッズ」(東京都中央区)
No.5 めぐ編「豊明エコキッズ」(愛知県豊明市)
No.6 あまちゃん、めぐ、いっしー編
 「オイスカ『子供の森』子ども親善大使×こどもエコクラブ交流会in谷津干潟」
(千葉県習志野市)
No.7 みっちん&ゆっきー編 「高尾の里山で会いましょう!」(東京都八王子市)
No.8 アミィ編「岡山ハッケンジャー」(岡山県岡山市)
No.9いっしー編「SAITAMA環境フェア&こどもエコフェスティバル」(埼玉県)
No.10みっちん編「国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)」へ行ってきたよ!(フランス パリ)

◆こどもエコクラブHP「ユースTOPICS」はこちら

 

もどる