壁新聞道場!

壁新聞道場!

【壁新聞道場!】たのもーーーう!大阪府 その②

大阪府は10枚の応募があったよ!その中から2枚をご紹介。
今週は品川師範です。よろしくお願いしまーす!
 

大阪府 その①

大阪市「なにわこどもエコクラブ」 大阪市「大阪市立新北島中学校科学部」
16-27-01.JPG 16-27-06.JPG


なにわこどもエコクラブのみなさんへ
師範から一言━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━

壁新聞かべしんぶんの中に青,,赤が入ってとても明るくあか なりました。出品しゅっぴん作品さくひんをみてもこの三原色さんげんしょく使っつか 壁新聞かべしんぶん作っつく ているのは,思いの外おも ほか少ないすく んです。この三原色さんげんしょくが一まい壁新聞かべしんぶんに入っていると,色合いいろあ もメリハリのあるものになります。気が付いき つ ていましたか?すばらしいです。

壁新聞かべしんぶんにはキャンプと子ども計画けいかくたい,クリ拾いひろ うみ生物せいぶつ調査ちょうさなどを紹介しょうかいしてくれました。

とっておきのゴシドウ★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★

さて,キャンプでカレーライスを作っつく たが,ご飯 はんはおかゆのようでカレーは少しすこ からかったということですが,きっと初めてはじ のキャンプだったんではありませんか?
こんなときは,前もってまえ 自宅じたく台所だいどころ借りか てキャンプの道具どうぐ使っつか てリハーサルをやっておくといいんですよ。多分たぶんキャンプとちがうのはガスの火加減ひかげんだと思いおも ますので,「はじめちょろちょろ中ぱっぱ,赤子泣いな てもふたとるな」呪文じゅもん唱えとな ているあいだにちゃんとできていると思いおも ます。試しため てみて下さい。
壁新聞かべしんぶんではうみ生き物い もの取り上げと あ てくれるのが少ないすく ので,このような記事きじ待っま ていました。うみの中で苦しんくる でいる生き物い ものに,それぞれせりふを与えあた げきのように仕立てした ているのは,とても面白いおもしろ 工夫くふうですね。一番いちばん最後さいごわたしたち人間にんげんは,これらのうみ生き物い ものののためになにをするといいのか,6項目こうもく考えかんが てくれたことは最ももっと 大切たいせつなことです。うみの水を汚さよご ないようにするのは,環境かんきょう保全ほぜん大切たいせつ第一歩だいいっぽです。みんなでがんばりましょう。

 

大阪市立新北島中学校科学部のみなさんへ
師範から一言━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━

日本の河川で水質が悪いランキングでいつもベスト5に入る大和川で自然観察をしているので興味を持って拝見しました。大和川はさかい市と大阪おおさか市の間を流れて大阪湾おおさかわんにそそいでいます。2009年には関東の綾瀬川あやせがわに次いでランキングの2位であったが,2010年にはワースト3位にまで改善し,2007年にはアユの産卵もかくにんされています。これは皆さんみな が測定を続けている水質データからも説明ができると思います。

とっておきのゴシドウ★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★

壁新聞かべしんぶんに水質の変化グラフを載せるには,特徴とくちょうがよくわかるように,工夫して下さい。大和川の水質調査結果をみると,河川の清掃せいそう活動などを通じて市民理解を深めるなどの地道な活動が必要と感じました。
もう一つはアルゼンチンアリの大発生ですが,アルゼンチンからやってきたアリなので,一日も早く退治したいものと思います。殺虫ざいなどを使うと在来種のアリも退治してしまいますので,手間はかかるかと思いますが,巣穴を特定して退治するなど工夫が必要と思います。

品川師範、ありがとうございました!次はどこの地域かな?お楽しみに!

umi-h.png

大阪府 その①

ご意見ご感想もお待ちしております!
〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16 馬喰町第一ビル9階
公益財団法人 日本環境協会
TEL:03-5643-6251 FAX:03-5643-6250
Email: j-ecoclub@eic.or.jp

師範紹介ページはこちら! その① その②

2015年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201603301552.html
2014年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201501071712.html

2013年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201204191131.html