活動レポート

活動レポート

ぶどうの房作り(摘果)

TEAM おかぴ (広島県)

活動日:

2024年05月05日

実施場所:

広島県尾道市 離れ小島

参加メンバー&サポーター数:

4人

活動の分野:

  • 農業・栽培 農業・栽培

SDGs:

  • SDGs:陸の豊かさも守ろう
  • SDGs:パートナーシップで目標を達成しよう

活動内容

ぶどうの赤ちゃんがたくさんできていたので1回目の摘果を行いました。
娘と息子は初挑戦。
おじいちゃんにやり方を教えてもらいながら一生懸命お手伝いをしてくれました。

参加者のようす

摘果作業には初挑戦の子どもたち。
やり方を教わると、見よう見まねながらも一生懸命がんばってくれました。
「ぶどうができたら仲良しの友だちにあげたい!」と、ぶどうができるのが待ち遠しいようでした。

感想・気づいたこと・考えたこと

おじいちゃんに摘果のやり方を教えてもらってがんばりました。

せっかくぶどうの赤ちゃんがたくさんできているのに切ってしまうなんてもったいないと思ったけど、おじいちゃんに「粒が多すぎると、ひとつひとつが小さくなるし、成長するときにお互いにつぶし合って腐っちゃうんだよ」と言われました。

お父さんは「今はまだ適当でいいけど、もう少し粒が大きくなってからの摘果は『成長したらこの粒とこの粒がつぶし合っちゃうな。じゃあ、片方を切ろう。』って考えながら進めていくんだよ。」と言っていました。
学校の勉強よりも難しそうだと思いました。

その他

摘果はお父さんも未だに苦手です。

エコまる
TEAM おかぴのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

108 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名TEAM おかぴ
  • 所在地広島県
  • クラブの種類家族親戚

クラブ写真

自然が大好きな子どもたちと地球にいいことを考えていきたいと思います

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧