活動レポート

活動レポート

カブトガニ博物館

TEAM おかぴ (広島県)

活動日:

2023年03月27日

実施場所:

岡山県笠岡市

参加メンバー&サポーター数:

3人

活動の分野:

  • 自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

  • SDGs:海の豊かさを守ろう

活動内容

春休みに笠岡市立カブトガニ博物館に行ってきました。

参加者のようす

子どもたちは生きているカブトガニに興味津々。
2億年もその姿を変えていないことに驚いていました。

また昔は普段の活動場所の「瀬戸内海の離れ小島」にもカブトガニがいたことを知って、もっと驚いていました。

感想・気づいたこと・考えたこと

おじいちゃんとおばあちゃんに「カブトガニ博物館に行ってきたよ」と言うと、「おじいちゃんが若い頃は島にもカブトガニがおったんで(いたんだよ)」と教えてくれました。
お父さんも「子どもの頃、一度だけ海でカブトガニを捕まえたことがあるよ」と言っていました。

私も博物館ではなく、いつも遊んでいる海でカブトガニを見つけたいと思いました。

その他

瀬戸内海の離れ小島からは、昔はたくさん釣れていた魚も、たくさん獲れていたアサリも、そしてカブトガニも姿を消しています。<br />
子どもたちが「環境」について何かを考える、感じるきっかけになると嬉しいですね。

TEAM おかぴのみんな、カブトガニ博物館見学の報告ありがとう!
カブトガニは「生きた化石」と呼ばれ、かつ生息地も少なくなってきてしまい絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)に指定されています。また、学術的(がくじゅつてき)な面から貴重(きちょう)であるとして、笠岡市の繁殖地(はんしょくち)は、天然記念物の指定を受けていますね。博物館で、カブトガニのいろいろなことを知ることができましたね。
それから、おじいちゃんとおばあちゃんからは、貴重なお話を聞くこともできました。身近(みぢか)な場所にもカブトガニがいたことを知ることで、地元の自然を見直すことができたと思います。瀬戸内海が、いつまでも自然豊かな場所であってほしいものです。どうすればよいか、みんなと一緒に考えていってください。
次の報告も待っています。
エコまる
TEAM おかぴのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

106 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名TEAM おかぴ
  • 所在地広島県
  • クラブの種類家族親戚

クラブ写真

自然が大好きな子どもたちと地球にいいことを考えていきたいと思います

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧