【2018 壁新聞道場!】たのもーーーう!三重県 その2|壁新聞道場!

壁新聞道場!

【2018 壁新聞道場!】たのもーーーう!三重県 その2

2018.06.06 掲載

三重県は9枚の応募があったよ!その中から四日市尾平イオンチアーズクラブさんの2枚目をご紹介。
今週は木村師範です。よろしくお願いしまーす!

三重県 その1 その3 その4 その5 その6

四日市市「四日市尾平イオンチアーズクラブ」2

18-24-04.JPG
四日市尾平イオンチアーズクラブ2の新聞を書いてくれたみなさんへ
師範から一言

生態系がこわれることにより、多くの生き物が数を減らし、やがては人間にも影響が出てきてしまう。人間も生き物の一種です。つい忘れてしまいがちになりますが、とても大事なことですね。人間も生態系がきちんと働いているおかげで生きていられることに感謝していくようにしたいものですね。
一度こわれてしまうと元に戻すのにとても長い時間がかかってしまいます。生態系がこわれる原因のほとんどは私たち人間です。みんなでどうしたら、生態系を守っていけるか考えていければいいですね。
このような新聞でみんなに呼びかけていくことも生態系ピラミッドを守るためにはとても大切なことです。これからも活動を続けながら、新聞を使って全国のみんなに教えてください。

とっておきのゴシドウ

山、川、海のつながりはとても大切なものですが、ふだんはあまり気づかないし考えないものです。
みなさんがそのようなことを考えて活動を行っていることはとてもすばらしいことだと思います。
答志島に流れ着く多くのごみのほとんどが伊勢湾流域から出ている、つまり人間の活動がとても多くのごみを流している。これはすべての人に関わる問題です。まだまだこういう問題は多いと思います。ぜひ次の新聞でも山、川、海のつながり、そしてその中で起こっている問題について紹介してくださいね。

木村師範、ありがとうございました!次はどこの地域かな?お楽しみに!

kuma.png

三重県 その1 その3 その4 その5 その6

ご意見ご感想もお待ちしております!
〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16 馬喰町第一ビル9階
公益財団法人 日本環境協会
TEL:03-5643-6251 FAX:03-5643-6250
Email: j-ecoclub@eic.or.jp

2017年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201801121459.html
2016年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201703311342.html
2015年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201603301552.html
2014年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201501071712.html

2013年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201204191131.html