【2018 壁新聞道場!】たのもーーーう!三重県 その1|壁新聞道場!

壁新聞道場!

【2018 壁新聞道場!】たのもーーーう!三重県 その1

2018.05.09 掲載

三重県は9枚の応募があったよ!その中から明和イオンチアーズクラブさんの2枚をご紹介。
今週は浅井師範です。よろしくお願いしまーす!

三重県 その2 その3 その4 その5 その6

明和町「明和イオンチアーズクラブ」① ②
18-24-08エコマーク賞.JPG  18-24-09.JPG

明和イオンチアーズクラブのみなさんへ
師範から一言

明和イオンチアーズクラブのみなさんは、活動報告を2枚の壁新聞にまとめてくれました。「ゴミ・リサイクル」をテーマに活動されたとのこと。盛りだくさんの内容で、とっても読みごたえがあります。

特にすてきだなあと思ったのは、お店の中で実際に3R商品探しをしたときに、「リサイクル」だけでなく、「リユース」「リデュース」の商品・サービスを発見したことです。繰り返し洗って使えるリユースびんや、服のサイズ等をお直ししてくれるサービスなどは、リサイクルに比べるとエネルギーが少なくて済みますね。みなさんのお家でも、機会があれば積極的に利用できるといいですね。

他にも、なさの浜のごみについて、強い風の後に大小さまざまなごみが流れ着いてしまうことや、漁師さんがどんなことに困っているのか、とてもよく分かりました。簡単にはいかないでしょうけれど「どうやったら、そもそものゴミが減るのか」を地域の人みんなと考えられるといいですね。

1枚目の壁新聞「4月からの歩み」では、みなさんがいつどんな活動をしたのかがパッとわかる目次のようでいいですね。

2枚目の壁新聞は、みなさんの活動の中で何度も出てきた「牛乳パック」について、工夫しながら書かれていて、とっても分かりやすいですね。

とっておきのゴシドウ

2枚目の壁新聞には「牛乳パックをとことん使う」というすてきなタイトルがあるようです。これは、内容をよく見てみたいと思わせる、いいタイトルだと思いますので、大きく書いてあるといいなあと思いました。

お店にお客さんがリサイクルできるものを持ち込んでいれるボックスの中に、リサイクル出来ない物が混じっていることについて、みんなで解決策を考えて、ポスターを作ってはったこともすてきな活動ですね。まちがいが減ったとのこと、大成功ですね!

壁新聞に、リサイクルボックスに入れられたトレーなどがその後どうなるのかも書いてくれていますが、もしかしたらこの情報をリサイクルコーナーに展示すると「持ってきたものは、ちゃんと役に立つんだな」と、また持ってきてくれる人が増えるかもしれませんね。

みなさんが活動の中で知ったことや、感じたこと、考えたことを、いろんな人に伝えることで、他の人の行動も変わっていきます。ポスターに限らず、色んな形でみなさんのステキな活動を「伝える」ことにもチャレンジしてくださいね。

浅井師範、ありがとうございました!次はどこの地域かな?お楽しみに!

recycle-e.png

三重県 その2 その3 その4 その5 その6

ご意見ご感想もお待ちしております!
〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16 馬喰町第一ビル9階
公益財団法人 日本環境協会
TEL:03-5643-6251 FAX:03-5643-6250
Email: j-ecoclub@eic.or.jp

師範紹介ページはこちら! その①  その②

2017年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201801121459.html
2016年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201703311342.html
2015年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201603301552.html
2014年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201501071712.html

2013年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201204191131.html