活動レポート

活動レポート

霜柱と、しみすべり

第二上田小学校エコクラブ(新潟県南魚沼市)

活動日:

2018年3月13日

実施場所:

学校グラウンド

参加メンバー&サポーター数:

13人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

3月13日朝、放射冷却のため、霜柱やつもった雪の表面がこおっていました。さっそく、登校した子どもは、霜柱を斜めにふんで、きれいな面を観察していました。そして、まわりにある霜柱を集めて霜柱の山を作っていました。

参加者のようす

しみ滑りは、少しごつごつした坂でしたが、何とか滑ることができました。けれど、滑れたのは、ナイロン質のてかてかしたジャンパーを着ている子どもだけでした。ふわふわの綿のジャンパーでは、上手く滑ることができませんでした。

感想・気づいたこと・考えたこと

上手く滑れたのは、3年生の3名だけでした。

その他

昨年に比べ、雪消えが一週間ほど早いように思います。グラウンドは、すでに土が出ている場所があります。積雪は20センチくらいでしょうか。また、おもしろいことに、落ちていた枝が、日光で温まり雪の下の方にありました。黒っぽい枝が日光の熱を吸収して温まり、そばの雪が解けたと思われます。

第二上田小学校エコクラブのみなさん、報告ありがとう。
「しみすべり」というのは初めて聞きました。スキーもいいがこれもおもしろそうでいいですね!遊びながら観察したりして、いろいろ考えたり想像をめぐらすのも楽しいものです。
ナイロン質のてかてかしたジャンパーを着ている子どもがよくすべれたのは、なるほど!と納得しました。これから連想して、「屋根にすべりやすい塗装をする」と、大変な雪おろしが少し楽になるのでは?!ただし、雪が落ちることによる危険対策も必要だね。
また、地面の雪では「黒っぽい枝が日光の熱を吸収して温まり、そばの雪が解ける」というのもいい観察です。早く雪をとかしたい場所に小枝をまいておき、後で小枝を回収すれば簡単でいいね!これはなかなか考えつかない方法です。黒い灰を使えないところも多いと思うし、他の課題解決のヒントにもなりそうです。
おもしろい着眼点の観察、これからもぜひ報告してくださいね!楽しみに待ってます。
エコまる
第二上田小学校エコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

50 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名第二上田小学校エコクラブ
  • 所在地新潟県南魚沼市
  • クラブの種類学校全校

クラブ写真

6月4日に全校64名が8人ずつ8グループに分かれての「なかよし歩き遠足」がありました。道中で「上田の宝探し」と「ネーチャーサーチ」をしました。帰ってきてから、上田の宝探しの写真を4枚選び、班ごとに紙にまとめました.宝探しでは、青い空、残雪、花、小さな滝、木のむろなどが選ばれていました。ネイチャ-サーチでは、小さな生き物:アメンボ、ツナメなど、きれいな色:ヨボギ、シロツメククサ、青空など、自然の音:風、小鳥、流れる水などが選ばれ、班の活動として紙にまとめていました。お昼は、隣接する第一上田小と合流して食べ、鬼ごっこなどで交流を深めました。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧