活動レポート

活動レポート

植物・昆虫の冬越し作戦

武蔵野東小学校エコクラブ(東京都武蔵野市)

活動日:

2019年12月1日

実施場所:

善福寺公園

参加メンバー&サポーター数:

30人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

丈夫な子孫を育てるためにタネが遠くまで旅立つ。
自分では動けない植物はどうやって動くのだろう?
いろいろな姿で越冬中の昆虫を探してみよう。

参加者のようす

色づく・散る・飛ぶ・弾ける・隠れる・眠る・・・
8グループに分かれて、冬の寒さ・乾きに立ち向かう植物や昆虫たちを探し、その様子を観察しました。

感想・気づいたこと・考えたこと

タネの移動方法は動物に運ばれるもの、自分で弾けるもの、風に飛ばされるものなど、いろいろな方法で移動していることを、実際の様子を観察しながら学ぶことができました。
また、様々な葉っぱを集めて、色とりどりの秋のお弁当を作りました。

武蔵野東小学校エコクラブのみなさん、こんにちは。
善福寺公園で自然観察会をしたんだね。この日の観察会がちょうど、50回目だなんて、すごいなぁ。お世話になっている指導員(しどういん)のみなさんに『ありがとう』だね。
「植物・昆虫の冬越し作戦」で、植物が持っている「自分たちの子孫を残す工夫」を観察したんだね。いいテーマの観察会だね。うらやましいなぁ。
ところで、人は寒い時は暖房(だんぼう)をつけたり、服を着たり、体を動かしたりするよね。でも、植物はどんなことをするんだろうね。葉を落として光合成(栄養をとること)をやめているのかな。動物でいう冬眠のようだね。ふしぎだね。子孫を残すための工夫のほかにも、植物も生きるための独自(どくじ)の能力(工夫)をもっているんだね。自然のふしぎをたくさん見つけることができました。とてもいいですねぇ。
観察を通して、どんなことを思ったのかな、みなさんが見つけたこと、感じたことをぜひ記録しておいてください。そしてもっと教えてほしいなぁ。
つぎの報告を楽しみに待っているよ。
エコまる
武蔵野東小学校エコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

103 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名武蔵野東小学校エコクラブ
  • 所在地東京都武蔵野市
  • クラブの種類学校のクラブ

クラブ写真

武蔵野東小学校エコクラブは平成11年度に発足した任意参加型のクラブです。
活動は主に土曜日や日曜日に行っています。環境に関するイベントに参加したり、杉並にある都立善福寺公園で定期的に行われる善福寺自然かんさつ会主催の自然観察会に参加したり、子ども達が日々お世話になっている三鷹駅前の清掃活動をしたり、日帰りの自然体験キャンプをしたりと、年6~7回、実体験的に自然の大切さを学んでいます。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧