活動レポート

活動レポート

こども電気教室 ~レモンで果物電池をつくろう!~

こどもエコ広場新宿(東京都新宿区)

活動日:

2017年3月18日

実施場所:

エコギャラリー新宿(新宿区立環境学習情報センター)

参加メンバー&サポーター数:

68人

活動の分野:

  • 分野:生活・省エネ 生活・省エネ

活動内容

「こども電気教室」では、一般財団法人関東電気保安協会から講師の方にお越しいただきました。「エネルギー」をテーマに、レモンを使った果物電池づくりの実験を通じて、目に見えない電気エネルギーの発生メカニズムや自宅に届くまでなどについて学びました。

参加者のようす

「私たちが普段使っている電気はどうやって作られているのか?」「電気は何から作られ、原料はどこからきているのか?」「電気の安全な扱い方」などについてお話を伺った後、レモンを使って果物電池を作り、LEDを点けたり、オルゴールを鳴らしたり…みんなで協力してより大きなエネルギーを生み出すためにはどうしたら良いか、いろんな工夫をしながらチャレンジしました!

感想・気づいたこと・考えたこと

目に見えない電気を身近にあるものでつくり出すという体験から、「電気は便利だけど、扱い方には普段から気を付けなければならない」ということに気づきました。

その他

レポート担当:吉田 直哉(スタッフ)

こどもエコ広場新宿のみなさん、報告ありがとう。
レモン電池作りでの実験を通して、いろいろなことが学べたようですね。まずはみんなで楽しく活動できてなによりです^^
電気がなかったら・・・テレビも見られないしゲーム機も使えない、洗濯機など家電も使えなくなって大変ですね。電気の大切さ、これからも思い出してください。
小中学校で習う理科や算数の基礎知識は、大人になっても・未来になってもとても大事です。発電のしくみを学べばエネルギーについても考えることができます。また、回路をつくったり計算したりすることが将来の実作業につながります。
高校、大学で学ぶ専門教育はすべて、小中学生の時に学んだことが根っこにあるんですよ。活動を通じて、理科系の勉強もがんばってくれると心強いな。
エコまる
こどもエコ広場新宿のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

122 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名こどもエコ広場新宿
  • 所在地東京都新宿区
  • クラブの種類自治体の募集

クラブ写真

エコギャラリー新宿を拠点に活動している、エコ活動のクラブです。
月1回、「環境」をテーマにさまざまな専門家を講師とし、料理や工作、ものづくりなどの体験を通じて、楽しみながらエコについて学んでいます。
2016年5月1日現在、主に新宿区内の小学生が、地域や学校の枠を越えて149名が登録しています。
(http://www.shinjuku-ecocenter.jp/event/2016/04/2016.html)

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧