活動レポート

活動レポート

羽釜ご飯と自然の地形を利用した水はけを考えよう!

bag a surf kids (バガサーフ キッズ)(千葉県いすみ市)

活動日:

2018年12月2日

実施場所:

中林養蜂場 (勝浦)

参加メンバー&サポーター数:

12人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

薪を鉈で割ったり。土を運んだり、焚き火でご飯わ炊いたり。事前に触れながら生きる術を身近に感じられる集まりになりました。
中林養蜂場のオーナーさんは自然のことをすごく知っている先生。
水はけの良い地形を作るために必要な事を説明していただき、
あとはひたすら土を掘って溝を作り、穴を掘る。土を運ぶ作業に没頭。
子供達は土を運ぶキャリーに乗りはしゃぐ。
みんなでやると作業はあっという間に終わりました。
そしてまた焼き芋。
いろいろ勉強になりました。

参加者のようす

山の中でのびのび活動していました

感想・気づいたこと・考えたこと

楽しみながら学習が1番身になる

bag a surf kids (バガサーフ キッズ)のみなさん、こんにちは。自然の中での元気いっぱいの報告をどうもありがとう。
土を掘ってみぞを作り、穴を掘ったり、土を運んだり、さらには、「なた」を使ってたきぎづくり、みんなは大活やくだね。
はがまのご飯は上手にたけたかな。電気がまとちがうので、たける様子をちゃんと見てないといけない分、楽しみも広がるしお米がたけるまでの流れがわかるよね。
おかまの底には「おこげ」はできなかったな?白いご飯もおいしいけれど、私は「おこげ」もカリカリして好きだったなあ。みなさんは残さずに食べられたかな。体を動かしたあとのご飯でもあるし、きっとものすごくおいしかっただろうな。
また、養蜂場に行くことがあったら、ミツバチやはちみつのことを教えてくれるとうれしいな。次のレポートも楽しみに待ってます。
エコまる
bag a surf kids (バガサーフ キッズ)のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

120 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名bag a surf kids (バガサーフ キッズ)
  • 所在地千葉県いすみ市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真(No Image)

千葉県いすみ市という海沿いの街で元気に遊ぶ子供達と楽しみながらビーチクリーンをしちゃおう!と結成しました。せっかく毎日海で遊ぶんだから手ぶらで帰らず無理なくゴミ袋一つ分でいいから海を綺麗にしよう! プラスチックのゴミは増え続けて、自然に帰ることが出来ない。海洋生物たちに悪影響があることなど興味をもって子供達自身で知識を深めていって欲しいと思います。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧