活動レポート

活動レポート

田んぼの雑草を退治しよう。生き物を見つけよう。

かまきりチーム(千葉県大網白里市)

活動日:

2018年6月9日

実施場所:

千葉県東金市

参加メンバー&サポーター数:

5人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:農業・栽培 農業・栽培

活動内容

田んぼの雑草を除く作業をしました。
作業の後は、自然観察をして、カエルやオタマジャクシをたくさん捕まえました。

参加者のようす

暑い中でしたが、田んぼの除草作業に取り組みました。昨年は、田んぼに入ることを少し嫌がっていましたが、今年は戦力となり、たくさんの雑草を土の中に入れていくことができました。作業のあとの生き物観察も楽しそうに取り組んでいました。

感想・気づいたこと・考えたこと

しゅう:たんぼのざっそうをたいじしたよ。ひっこぬいて、うめたよ。おいしいおこめになりますようにおもってやったよ。たのしかったよ。なんでざっそうなのに、うめちゃうのかなっておもった。いきものがたくさんいたよ。しおからとんぼ、あかがえる、きちょう、しろちょう、あかみみずみたいのもいたよ。あとかたつむりとおたまじゃくしとあしのはえているおたまじゃくしとてあしのおたまじゃくしがいたよ。おたまじゃくしをたくさんつかまえたよ。あかがえるを2ひきつかまえたよ。かたつむりもつかまえたよ。
いくみ:かえるとおたまじゃくしがいてたのしかった。くさをたいじした。

その他

田んぼや生き物にたくさん親しんでほしいです。

かまきりチームのみなさん、こんにちは!
田んぼの雑草取り、おつかれさまでした。田んぼの雑草は稲よりも少し早く成長して、田んぼの中のイネの栄養分を横取りしてしまいます。そして背丈もお米より少し大きくなって、太陽を横取りして稲を日陰にしてしまいます。
稲が雑草に負けないようにみなさんが少し応援をしてあげることが必要です。お米を作るための田んぼですからね。
みんなの応援のおかげで稲は自然の中ですくすく育ちます。その自然の中でたくさんの生き物が育ちます。生きものがいると、それらの排泄物がイネの栄養になってゆきます。田んぼにうめた雑草も生きものに食べられて(分解されて)栄養になるんですね。
きっと秋にはおいしいお米ができますね。楽しみですね♪これからもぜひ報告してくださいね。
エコまる
かまきりチームのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

107 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名かまきりチーム
  • 所在地千葉県大網白里市
  • クラブの種類家族親戚

クラブ写真(No Image)

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧