活動レポート

活動レポート

果物王国和歌山 甘いジャムはパワーの源!

あっそ児童館エコクラブ(和歌山県上富田町)

活動日:

2018年1月20日

実施場所:

朝来児童館

参加メンバー&サポーター数:

16人

活動の分野:

  • 分野:農業・栽培 農業・栽培

活動内容

和歌山県といえば「ミカン」特に近年は「ジャバラ」が花粉症に聞くと言われて人気があります。
これらを使って保存食でもある「ジャバラ果汁入りミカンジャム」を作ってみました。

参加者のようす

無農薬のミカンが手に入らなかったので、皮は使用せず、中身だけをミキサーにかけました。それと砂糖を混ぜて火にかけ、ペクチンとジャバラの果汁も加えました。
「ジャバラ」を知らない子もいたので、果汁を飲んでもらいましたが、苦手な子もいました。つーんと鼻に抜ける酸味があり、たしかに花粉症によさそうです。
この日は同時に「オレンジキャンドル&ミカンアート」も行いました。
オレンジを横に切り目を入れての皮を破らないようにして剥き、サラダ油を注ぐと、芯のところがろうそくの芯になり、火を灯すことが出来ます。
また、ミカンの皮で「猫の顔」「日本地図」「蛇」「文字」など、みんなでアーティストになって遊びました。

感想・気づいたこと・考えたこと

冷蔵庫のなかった頃は、様々な方法で食料を保存していました。ジャムは砂糖による保存ですが、他にも、乾燥させる、塩に漬ける、酢に漬ける、酒に漬ける、発行させるなどの方法があります。ただ保存の為だけでなく、栄養価が高まり、旨味が増すものもあります。災害などで電気が使えなくなったときは、これらの方法が役立つかもしれません。

その他

みかんをただ食べるだけでなく、和歌山県の名産として良く知り、健康や遊び、生活にも生かしていけたらいいなと思います。
ミカンの皮は「陳皮(ちんぴ)」と呼ばれる漢方薬になります。効果は「血流改善・消化器官の改善・アレルギー症状の緩和・生活習慣病の予防と改善・美肌効果・咳や痰を抑える」などだそうです。お風呂に入れても良い香りに包まれて、あったまりそうですね。
また、ミカンの皮に含まれるクエン酸やペクチン、リモネンの効果で、汚れを落としたり、ツヤを出したりニオイを取る効果があるそうです。
それでも残った皮は、乾燥させて肥料にしちゃいましょう。
全てが役立つミカン!和歌山ってスゴイ!

エコまる
あっそ児童館エコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

120 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名あっそ児童館エコクラブ
  • 所在地和歌山県上富田町
  • クラブの種類児童館公民館

クラブ写真

「あっそ児童館エコクラブ」は、朝来(あっそ)児童館で毎週土曜日に行われている「上富田ふれあいルーム」の「エコ」な活動を「子どもエコクラブ」の活動としています。
平成29年度は「防災教育チャレンジプラン」に採択され、毎月の季節の行事に、防災に必要な知識と体験を取り入れることで、自然に楽しく学べるプランを実践しています。
また、和歌山県ならではの非常食作りや、過去にこの地域に多く起きた災害(水害)の教訓から、命を守る方法を学習します。
「防災」に取り組むために一番大切なことは、自分たちの住む地域を知り、誇りをもち、好きになること。
災害時に生き抜くために必要なことは、便利な物がなくても何とかできる、様々な応用力を身に着けるという事。これらはエコロジーだった昔の生活そのものです。
エコと防災を結びつけた活動をこれからも続けていきたいです。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧