活動レポート

活動レポート

サイエンスキャッスル関西大会でのポスターセッション

大阪市立新北島中学校科学技術部(大阪府大阪市)

活動日:

2017年12月23日

実施場所:

明星高等学校

参加メンバー&サポーター数:

18人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:イベント・交流会 イベント・交流会

活動内容

 今回で5回目の参加になるサイエンスキャッスル関西大会でポスターセッションを3題行いました。
・ピコスコープを使って化学的酸素要求量を測定する。
・ケーター可逆振り子を作成し重力加速度を測定
・アリの見やすい標本作成について
 ポスターセッションでは、高校の先生・生徒、研究者、あとポスター審査員の博士や博士課程の大学院生に発表を聞いてもらったり、質疑やアドバイスを受けました。時間は50分間でしたが、たくさんの人に作品を見に来ていただきました。各リーダーだけでなく、1年生も積極的に説明できていました。
 また、ポスター見学も時間いっぱいまであちこち回ったいる部員が多く、ブースにあった3Dプリンターに興味津々にのぞき込んだり、セミナーなどにも参加していた。(支援員)

参加者のようす

発表本番は緊張していましたが、練習のように頑張りました。(部長 M.M)
練習とは全然違いみんな真剣に発表していた。自分は班のリーダーにもかかわらずのどを痛めてしまい声が出なかったので発表できなかった。(副部長 N.K)
とても緊張していた。発表では少し緊張がほぐれていたように感じた。(2年 T.T)

感想・気づいたこと・考えたこと

いろいろな発表を見てとても勉強になりました。発表することはとても難しく、練習をたくさんしたのに上手くいかないことがあって残念でした。でも、とても良い経験になったと思いました。(部長 M.M)
自分の思っていることを伝えるのは中2の語彙力では難しかった。とてもいい経験になった。(副部長 N.K)
いろいろアドバイスをくれる人や質問をくれる人がいて、自分でも忘れていたようなことを思い出すいいきっかけになれたと思った。セミナーにもM.MとM.Tといったがとても面白かった。(2年 T.T)

大阪市立新北島中学校科学技術部さん、報告ありがとう。 たくさんの人の中での発表、がんばりましたね!
化学的酸素要求量測定、重力測定とも大学でやる実験レベルかと思います。また、アリの見やすい標本作成もレベルの高い内容ではないでしょうか。立派なものです!さすが中学生のクラブですね。セッションに来ていた大学生や先生が、みんなの発表内容に関心を持つのも当然だと思います。
今の段階で、データ処理やさまざまな基礎理論を理解しているなら、きっとみんなが進学した大学などではその先をやれますね。この意味はとても大きいですよ。ぜひこれからも元気に活動・研究を続けてください。
時間があれば、力学や化学、機械、農林水産などでも専門実務書に目をとおすと、基本の大切さがわかってさらに理解力が深まると思います。
ちなみに私のオススメの本は「実験法入門」DCベイアード著 加藤、近藤、千川訳 かな。時間がある時にでも見てみてください。
エコまる
大阪市立新北島中学校科学技術部のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

73 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名大阪市立新北島中学校科学技術部
  • 所在地大阪府大阪市
  • クラブの種類学校のクラブ

クラブ写真

大和川の河口に位置する新北島中学校の科学技術部です。
平成29年度に科学部と技術部が合併してできました。
ブリッジコンテストや木工コンテスト、学校野菜園の手入れなどの技術科(木工・栽培)関係のことと、大和川の水質調査とアルゼンチンアリの調査や科学的な調査を行っています。研究発表も積極的に行っています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧