活動レポート

活動レポート

クリーンパーク茂原の林で、秋の宝物さがし

環境未来館こどもエコクラブ(栃木県宇都宮市)

活動日:

2017年11月25日

実施場所:

宇都宮市環境学習センター

参加メンバー&サポーター数:

10人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

クリーンパーク茂原(宇都宮市環境学習センター)の周囲の林で、秋の宝物(生きもの、生きものの痕跡、秋の味覚など)さがしを、講師を招いて実施しました。

参加者のようす

「やまのいも」、ナツハゼの実などの食べられるものや、百舌のはやにえ、サイハイランの冬を越す葉、クチナシグサの冬芽など、普段は見逃してしまう、たくさんの林の恵、生きものやその痕跡に触れるのは、新鮮な驚きがあったようです。

感想・気づいたこと・考えたこと

秋というよりは、冬の宝物探しのようになってしまいましたが、宝の地図と、お宝伝説(ヒント)をもとに、自分たちでじっくりと宝物を探すプログラムだったので、より、発見の感動があったように思います。季節を変えると、年に何回もはやしに入り、季節での変化を実感できるので、季節ごとにでも、また、実施したいと思います。

その他

今回は、小人数だったので、解説もたっぷりとしていただきましたが、当クラブは会員数が多いので、大勢になったとき、どうするか工夫が必要です。

<応援団より>
環境未来館こどもエコクラブさん、こんにちは!
林の中の宝物探し、聞くだけでワクワクしてきます!ステキな1日でしたね(*^_^*)
山のおしいものを食べ、はやにえに驚き、冬芽や冬を越す葉に感動したことと思います。生き物の調査でときどき山にはいりますが、林の中は確かに宝の山です。地面についた足跡をみて、大きさや指の数などから推理していくドキドキ感、カエルの鳴き声に耳をすまし声のぬしをつかまえたときの達成感、落ち葉を拾ってはいろいろな形の葉を比べる楽しさ、探しだすといくらでも出てくる宝探し。季節ごとにそれぞれの感動があるので、次の季節もじっくり楽しんでください。
大勢になったときの工夫は大変ですね。毎回参加してくれる人がチームリーダーに育って、班ごとにつきそってくれるようになったらいいですね。
これからも報告を送ってくださいね。待ってます。

<栃木県コーディネーターより>
ステキな「宝物」は見つかりましたか?とっても小さいのに宝物だっだり、自分にとっての宝物は、お友だちにとっては宝物じゃなかったり、それぞれですよね。人と同じで、植物や動物も、ひとつひとつ「個性」をもったさまざまな生き物です。ぜひ、「宝物探し」続けてくださいね。
エコまる
環境未来館こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

125 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名環境未来館こどもエコクラブ
  • 所在地栃木県宇都宮市
  • クラブの種類自治体の募集

クラブ写真

公募で集まった家族で活動しています。
宇都宮市の自然を色々な先生をお呼びして
ご指導して頂いています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧