活動レポート

活動レポート

春の自然観察

安城市立梨の里小学校4年生(愛知県安城市)

活動日:

2017年4月26日

実施場所:

梨の里小学校周辺

参加メンバー&サポーター数:

77人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

 梨の里小学校周辺で4年生が自然観察を行いました。今回は植物研究家の堀田先生(愛知植物の会・西三河野生生物研究会)をお招きして、いっしょにフィールドを歩いてもらいました。
 カラスノエンドウやヒメジョオンなどの具体的な植物名を教えていただいたほかに、植物を見る観点を説明していただきました。

参加者のようす

 いろいろな植物の名前を教えてもらって、身近な植物に興味を持ったようでした。

感想・気づいたこと・考えたこと

 植物を観察する視点や、周囲に集まる昆虫など、春の自然に親しむことができました。

梨の里小学校4年生のみなさん、こんにちは☆
今ごろカラスノエンドウのサヤはカラスのように真っ黒になっていることでしょう。
実るとサヤはねじれて、種ははじき出されます。
木とちがって、草は地面を「ひとりじめ」しません。春から夏へと季節が進むにつれて、いろいろな植物が芽を出し、交代していきます。次の季節にはどんなものがそだっているのでしょう。
私は二十世紀梨の原産地の近くに住んでいます。「梨の里」という学校名はとてもステキです!
安城市の梨の生産量は愛知県下で第3位とのこと、ミツバチに花粉付けをたのしむようですが、はちみつの味は、からい大根おろしのようだそうです。みなさんも一度味わえるといいですね。
エコまる
安城市立梨の里小学校4年生のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

76 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名安城市立梨の里小学校4年生
  • 所在地愛知県安城市
  • クラブの種類学校の学年

クラブ写真

東海道新幹線三河安城駅の近くにある小学校です。4年生が毎年、学区を流れる吹戸川をはしめとした水辺などについて、総合学習で調査を行いながら、地域の環境を考える勉強をしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧