活動レポート

活動レポート

フィールドサインを探せ!

岡山ハッケンジャー(岡山県岡山市)

活動日:

2017年3月5日

参加メンバー&サポーター数:

2人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

毎年恒例のフィールドサイン観察会に参加した。

参加者のようす

警戒心がつよく、夜行性の種が多いので、ふだん、野生動物を観察することはむずかしい。
野生動物の「フン」「足あと」「食事あと」「生活のあと」などを観察することで、姿が見えない生きもの達のくらしぶりを考えた。

感想・気づいたこと・考えたこと

まず、イノシシが泥あびしたヌタ場を観察した。イノシシのお風呂のようなもので、体についたダニや寄生虫を取り除くため転げまわる。近くの木の幹にも、体をこすり付けたあとがあり、びっしりと泥がついていた。木の幹に体毛が残っていないか探したが、今回は見つからなかった。
また、おどろいたことに、ヌタ場の水たまりから、カスミサンショウウオのオスが見つかった。繁殖シーズンなので、メスが来るのを待っていたのだろう。

ニホンリスが松ぼっくりを食べた食事あと(森のエビフライ)も観察した。森のエビフライがたくさん見つかったのは、林のふちの明るい場所だった。ニホンリスが生活するためには、ある程度広いマツの林と、巣材に使うスギなどの樹木も必要なようだ。

設置したセンサーカメラに、ノウサギが写っていた。後ろ姿だったが、ぴっと立った耳がかわいかった。

その他

観察会のまとめで、講師の先生から野生動物を観察する5つの方法について教わった。

①直接観察する ②死体で確認する ③トラップ・わな法(許可が必要) ④自動撮影法 ⑤フィールドサイン法

フィールドサイン法は、特別な器材や許可も必要なく、自然を観察する目をきたえることで、多くの情報を得ることができる。また、生きものたちを驚かすこともない。

これからも、もっと、野生動物の声に耳をかたむけられるよう、フィールドサインを勉強したい。


ところで、クラブでは、②の交通事故にあった野生動物(ロードキル)の記録をつけて、専門家の方に報告している。ロードキルはかわいそうだが、データがまとまることで、生息数の把握などに役立つのではないかと思っている。

岡山ハッケンジャーさん、こんにちは。
生き物のフィールドサイン(痕跡)探し、ワクワクしますねー(^_^)/私も大好きです。
みんなが教わった5つの方法の中でも、やはり一番面白くて、しかも一番勉強のしがいのあるのがフィールドサイン法だと思います。生き物の生態をよく知れば知るほど、どの種がどのような行動のときの痕跡かわかってくるので、推理小説を読んでいるような、宝探しをしているような、そんな気分になりますね。
今回の「森のエビフライ」もニホンリス以外に、ムササビ、アカネズミなども候補にあがりますが、近くに丸い糞はないかどうか、食べ方が雑で荒いか繊細か、ほかにエビフライと破片の散らばり具合などから、どの種の可能性が高いかを推理していきます。勉強して得た知識をフル動員して、生き物の行動をイメージしながら考えていくのはとても楽しいですよ。
ロードキルのデータもとても貴重だと思います。記録して報告してるんですね。素晴らしい!
これからも楽しいレポートを送ってくださいね。待ってます。
エコまる
岡山ハッケンジャーのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

251 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名岡山ハッケンジャー
  • 所在地岡山県岡山市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

各々が好きなものを中心に調べてみよう!をテーマに、自然や生き物に関することなら、ジャンルを問わず活動中。
現場に足を運び、手や耳や舌や鼻など五感を使って、ハッケンを楽しんでいます。
年度末には「全国フェスティバル」に出場!が目標です。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧