活動レポート

活動レポート

ペットボトルキャップの選別とキャップゴマ対決

川北児童会館 エコクラブ(北海道札幌市)

活動日:

2016年7月6日

実施場所:

川北児童会館 クラブ室

参加メンバー&サポーター数:

15人

活動の分野:

  • 分野:ごみ・リサイクル ごみ・リサイクル

活動内容

川北児童会館では、ペットボトルキャップを回収し、ワクチンに替える取り組みに協力しています。キャップは、きれいな状態でなければ回収されないので、エコクラブのメンバーを中心にキャップの選別を行なっています。シールが貼っているものをはがしたり、汚れているものを洗浄したり、異物を取り除いたり・・・。
今回は回収できないキャップを使用して、ペットキャップゴマを作りました。キャップに色を塗り、中心に穴を開けてつまようじを刺して完成です。メンバー14人全員でコマ対決をして盛り上がりました。

参加者のようす

ペットキャップの選別は大変でした。たくさん集まったキャップを一つ一つ確認するからです。それでも、たらいに水を張って「カラカラ」と音を立てながら、どんどんきれいになっていくので達成感があったようです。
そのペットキャップを使って、ペットキャップゴマを作り、トーナメント制のコマ対決を行うと、歓声をあげて楽しんでいました。

感想・気づいたこと・考えたこと

回収するときに少しでも簡単になるように、回収時の注意点を記載したポスターを作成し、館内に掲示しました。
また、ペットキャップが遊び道具に変身することができる発見もありました。

川北児童会館 エコクラブのみなさん こんにちは。
写真を見ました。ほんとうにたくさんのペットボトルキャップを選別し、きれいにあらったり、シールをはがしたりしたのですね。大変だったと思いますが ていねいな仕事、すばらしいエコ活動ですね。
その上、みなさんのがんばりは ワクチンにかわり、人のために役立つ活動にもなっています。
回収できなかったキャップもきちんといかし、みんなが楽しめるコマにへんしんさせるアイデアもさすがですね!
みんなで楽しく活動していることも素晴らしいですね。これからも楽しみながら活動を続けてください★
エコまる
川北児童会館 エコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

999 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名川北児童会館 エコクラブ
  • 所在地北海道札幌市
  • クラブの種類児童館公民館

クラブ写真(No Image)

1年生~6年生までが、工作・クッキング・地域の清掃活動・交流会を通して、エコとはどういうことかを考えています。エコキャップ運動にも数年参加しているので、地域の方も集めて届けてくれるので、たくさん集まっています。

また年に2回クラブ員ではない子に向けて、エコ活動を知ってもらうために、楽しい行事なども企画しています!

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧