【2018 壁新聞道場!】たのもーーーう!青森県 その2|壁新聞道場!

壁新聞道場!

【2018 壁新聞道場!】たのもーーーう!青森県 その2

2018.07.04 掲載

青森県は6枚の応募があったよ!その中からHEP21エコクラブさんをご紹介。
今週は伊藤師範です。よろしくお願いしまーす!

青森県 その1 その3

弘前市「HEP21エコクラブ」

18-02-01-2.JPG
 

HEP21エコクラブのみなさんへ
師範から一言

1年間、いろいろな活動をされましたね。すばらしいです!
なによりも、雨を268も集めて調査し、まとめられたのはとってもすばらしく、おどろきました。たくさんの測定とデータまとめは大変だったことと思います。弘前では、大陸からの風の影響で冬に酸性雨(雪)が多いのかしら?と思って、データを興味深く見させてもらいました。

こどもエコクラブのつながりで大阪の雨との比較もできたのもとてもステキです。

そればかりでなく、水質調査や、エコキャンプ、エコクッキングなど、様々な活動いっぱいで、その楽しさが壁新聞で伝わってきました。

苦労して何度も書き直したという題字も堂々と目立ち、そのまわりの動植物の仲間たちも細かいところまで観察して描かれていたり、色もたくさん使い本当にすばらしい壁新聞です。

大切にしているだんぶり池には、多くの水せい生物ばかりでなく、ホタルもいっぱい観察できたようで、うらやましいです。ホタルがいっぱい飛ぶようすはさぞ幻想的な空間だったことと思います、みなさんでぜひその環境を大切にしていってください。

 

とっておきのゴシドウ

長年のサポーターさんたちのサポートによって、素敵な体験を重ねている子どもたちが育っているようで、本当にすばらしいと感じます。

水質調査は、上下流、支流とでデータを測定、比較し、経年変化と合わせてみることで、測定地の特性や傾向が明らかになっているようですね。お堀の水は30年前のデータも示して、子どもたちが考察できていることはすばらしく、言うことありません。

すでに、地域内や全国的な活動に何度も参加したり、発表されたりしていることと思います。このすばらしい活動を、子どもたちの声でさらに地域内や全国に発信し、仲間を増やすことや、多くの地域でも活動の輪がさらに広がるよう他の活動団体の模範となることを期待させていただきます。

伊藤師範、ありがとうございました!次はどこの地域かな?お楽しみに!
kuma.png
 

青森県 その1 その3

ご意見ご感想もお待ちしております!
〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16 馬喰町第一ビル9階
公益財団法人 日本環境協会
TEL:03-5643-6251 FAX:03-5643-6250
Email: j-ecoclub@eic.or.jp

師範紹介ページはこちら! その①  その②

2017年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201801121459.html
2016年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201703311342.html
2015年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201603301552.html
2014年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201501071712.html

2013年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201204191131.html