活動レポート

活動レポート

ガタレンジャー&清掃活動

福岡工業大学附属城東高等学校 科学部(福岡県福岡市)

活動日:

2020年6月21日

実施場所:

和白干潟

参加メンバー&サポーター数:

4人

活動の分野:

  • 分野:ごみ・リサイクル ごみ・リサイクル
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:イベント・交流会 イベント・交流会

活動内容

子供たちに和白干潟の生物の紹介をしながら干潟の掃除をしました。私たちの部からは、OBの先輩と僕たちの3名が参加しました。

参加者のようす

みんな熱心にゴミを拾い観察をしていました。
少し雲はでていたのですが、それでも暑かったので時折水分補給をしました。

感想・気づいたこと・考えたこと

最近、和白干潟にごみが増えてきたので子供たちと一緒にごみ拾いをしました。砂浜にビニールやお菓子の袋が埋まっていたり、葦原には水筒が棄てられていたりして予想よりハードな活動でしたが、子供たちが積極的に掃除をしてくれたおかげでかなりの量のごみを回収でき、多くのカニの姿を見れて、良い休日になりました。

その他

次回は干潟の撮影会があります。今からとても楽しみです。
干潟の生き物のベストショットが撮れるようにがんばります。

福岡工業大学附属城東高等学校科学部のみなさん、こんにちは。
和白干潟でガタレンジャーの活動と清掃おつかれさまでした。
子どもたちに干潟の生きものの紹介をしながら掃除するのはちょっと忙しかったかな。でも、きっと子どもたちはがんばるみなさんを見て、とても頼もしいお兄さんたちだと思ったことでしょう。
6月の海辺はすでに暑いので、干潟での作業は水分補給が大事ですね。これからの行事も参加者に注意をうながしながらやっていきましょう。
ヨシの原にはいろいろなゴミがあったというのは、ちょっと残念なことですね。たくさんの人たちに人間が捨てたゴミが生きものたちの暮らしををおびやかしていること、そしてそれをみなさんが一生懸命きれいにしようとしていることを知ってもらいたいです。
今回、みなさんが掃除で努力したおかげで、次回の干潟の撮影会も気持ちよく実施できるのではないでしょうか。どんな写真が撮れるか、ベストショットに期待しています。
レポートの写真ですが、帽子の上のアカテガニ?かベンケイガニ?が気になりました。あれってすばしっこいですよね。どうやったらおとなしく乗ってくれるのか教えてください。
エコまる
福岡工業大学附属城東高等学校 科学部のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

999 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名福岡工業大学附属城東高等学校 科学部
  • 所在地福岡県福岡市
  • クラブの種類学校のクラブ

クラブ写真

高校生の科学部の活動です。
私たち科学部は「未来に繋げる博多湾を目指して」というスローガンのもと和白干潟を中心とした博多湾の保全活動を行なっています。また、物理分野、化学分野、生物分野、地学分野と広く、多岐な分野に精通しています。学校の文化祭や福岡市各地で行われているサイエンス系のイベントでは科学実験を披露したり、ワークショップを開催しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧