活動レポート

活動レポート

環境大臣賞をいただきました!

だいやエコクラブ(長崎県佐世保市)

活動日:

2020年2月19日

実施場所:

東京大学キャンパス内 伊藤謝恩ホール

参加メンバー&サポーター数:

6人

活動の分野:

  • 分野:分野その他 分野その他

活動内容

東京大学キャンパス内の伊藤謝恩ホールで、開催された「脱炭素チャレンジカップ2020」で金賞 環境大臣賞(ジュニア・キッズ部門)を受賞しました。

参加者のようす

メンバーたちは緊張した面持ちで、順番を待っていました。
プレゼンは練習してきたすべてを、明るく楽しく元気に発表できたと思います。

感想・気づいたこと・考えたこと

だつたんそチャレンジカップにでました。
私たちの活動をみんなに知ってもらってすごくうれしかったです。
発表では、旗を持ちました。2人で持ったので、旗の高さを考えて上げたり、いつ上げるか何秒後に下げるなどを気をつけました。
私もセリフがあったので、時間を考えながらまちがえないように大きな声で言いました。
地球が持続かのうな社会になるように、こらからもかんきょう活動をがんばります。
小4年 藍美

今回の大会はとても貴重な体験ができました。
全国から集うファイナリストの脱炭素社会に向けての取り組みがすばらしく、私たちも「更に脱炭素社会を目指し、活動を継続していかなければ」と強く決意しました。

共にがんばるファイナリストのみなさんと交流もできました。
私たちの「こどもツーリズム・エコ式会社」の取り組みを全国のみなさんに伝えることで、多くの人に啓発しました。

1人でも多くのみなさんに小さなことから行動してもらい、みんなで脱炭素社会づくりに貢献していきます。
脱炭素社会を実現すれば、「未来に生きる全ての生物が豊かで幸せに生きる持続可能な世界」へつながると信じ、この活動を継続していきます。
中1年 美也

その他

脱炭素チャレンジカップの全国のファイナリストの皆さんの活動は、どれもとても素晴らしく、今後の活動の参考になりました。

そして、「逆川エコクラブ」のみなさんや「劇団シンデレラ」のみなさんと交流することもできました。一緒に大臣賞を受賞し喜びを分かち合えた時は「こどもエコクラブ」で良かったと実感できた瞬間でした。

最後になりましたが、本発表にあたり多大なるご尽力とご協力を頂いた関係者の皆様には、この場を借りて深く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。


だいやエコクラブのみなさん、活動報告をありがとうございます。
みなさんはこれまで、ごみ問題やエコクッキング、グリーンカーテンや水生生物調査など、いろいろな活動をしてきましたね。今回はそうした活動をSDGsを取り込んだ「こどもツーリズム・エコ式会社」としてまとめ上げたことが評価されての受賞だったのではないかと思います。そのまとめ方や集約法がすばらしく、分かりやすいものになっています。
そして、会社という形をとり、入社式から始め、「企画・運営・ツアーガイドを行う会社」と位置づけ、さらにSDGsの17の目標に合わせる形で活動していくというアイデアは、大人を超える発想と行動力です。これは、こどもエコクラブの進化形と言ってもいいかもしれませんね。
この受賞を励みに、さらに活動の幅を広げていってください。では、次回の報告も楽しみにしています。
エコまる
だいやエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

691 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名だいやエコクラブ
  • 所在地長崎県佐世保市
  • クラブの種類家族親戚

クラブ写真

当クラブは、ESDを通して、子供達の「自分で考え、実行できる力」を養い、環境保全活動を行い地域に貢献・啓発し、地域資源を守ると同時に環境市民を増やすことを目的としています。

だいやエコクラブblog https://ameblo.jp/pt-daiya0313/

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧