活動レポート

活動レポート

レモネードスタンドで植樹の基金をあつめよう

ぐるぐるモンスター(埼玉県狭山市)

活動日:

2019年8月22日

実施場所:

稲荷山公園 カフェPITさん前

参加メンバー&サポーター数:

10人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:イベント・交流会 イベント・交流会

活動内容

●プラスチック汚染・魚への影響をものがたりにした塗り絵
 「もしアイスのゴミがとんでいったら?」の配布。
●レモネードの販売による植樹のための基金集め。

参加者のようす

レモネード販売を通して、たくさんの人と出会う事が出来ました。
ちいさい子どもたちは、魚のお腹にプラゴミがたまって死んでしまう。ということに驚いたようすで、真剣な顔で話をきいたり、自分なりの言葉で意見したりしました。あわてて道に落ちているゴミを拾う姿もみられました。

感想・気づいたこと・考えたこと

小さい子どもたちの真剣な姿に、プラゴミ汚染のかわいい塗り絵をもっとたくさんの子どもたちに配布したいと考えました。
レモネード販売は初めての体験でした。楽しい活動が環境保全へつながるということを小学生ともたくさん共有したいと思いました。
来年度は回数・収益を増やし、木のことも学びたいと思います。

ぐるぐるモンスターのみなさん、こんにちは。
今回は世界で大きな問題となっているプラスチックごみについての活動だったのですね。プラスチックごみの中でも、夏の活動にちなんで、あえて「アイス」のごみを題材にしたのでしょうか?季節感をうまく使っているなと感じました。メンバーたちも今自分たちの身近にある題材を与えられたことで、ごみの問題を想像しやすかったと思いますよ。
ゴミ拾いをその場でやってみてくれた子がいたのもうれしいですよね。ちなみに、メンバーの子どもたちからはどのような意見がでたのでしょうか?
同じく、とくに夏においしく感じるレモネード販売を組み合わせたのも、よいアイディアだと感心しました。たくさんの人がレモネードを買ってくれたのではないでしょうか。基金が集められたこととともに、たくさんの人たちと出会うことができたのがなによりの成果ではないかと思います。もしほかの季節に同じような活動をしてみるとすれば、今度はどのような内容でやってみたいと思いますか?
レポートしてくれているように、楽しく環境保全の活動ができることは本当に大切なことだと思います。参加してくれた人が「またやってみたいな」と思ってくれるような活動ができるといいですね。これからのレポートも楽しみにしています。
エコまる
ぐるぐるモンスターのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

200 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名ぐるぐるモンスター
  • 所在地埼玉県狭山市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

入間川のゴミ拾い、地域イベントへの参加、プラスチックゴミ問題の啓蒙、身近な生き物の観察などの活動を通して自然のつながりを感じられる場所、小さくても出来ることがあるという誇りを持てる場所、異年齢の仲間と楽しく安心して過ごせる場所にできたらと思っています。子ども中心に出来ることをみんなで考えて、たくさんの「たのしい」を見つけます。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧