活動レポート

活動レポート

【半給半足!家庭菜園】「イチゴ収穫」

だいやエコクラブ(長崎県佐世保市)

活動日:

2019年5月4日

実施場所:

だいやエコクラブ

参加メンバー&サポーター数:

2人

活動の分野:

  • 分野:農業・栽培 農業・栽培

活動内容

家庭菜園で育てている、いちごの実を収穫しました!

参加者のようす

メンバーは、イチゴの実を楽しそうに収穫していました。

感想・気づいたこと・考えたこと

イチゴを収穫しました。
イチゴの種類を、調べてみました。
このイチゴは、「ゆめのか」だと思います。
色はあざやかな赤色です。
食べてみると、あまく、さんみがあり、とても美味しかったです。
イチゴについて、調べてみました。
えど時代の終わりにオランダ人によって、長崎に持ち込まれ日本で最初に、生産された場所です。
長崎は温だんで、日当たりもよくイチゴのさいばいに、てきしている、土地です。
だから、こんなに長崎のイチゴは、甘くて、美味しいのだと、思いました。
4年生 藍美

その他

ゆめのかいちごは大粒で、鮮やかなあかいろをしています。
果汁をたっぷり含み、甘くて程よい酸味があります。
果皮がしっかりとしているため、日持ちするのが、特徴です。
出典 JA長崎県いちご部会HP URL http://yumenoka-ichigo.com/

だいやエコクラブのみなさん、報告をありがとう。
レポートから赤くて大きなイチゴの実のおいしさがつたわってくるようです。
イチゴは、赤くてかわいいし、ビタミンCもたっぷり、あまいのでみんなの大好きな果物ですね。植物観察(しょくぶつかんさつ)をして、図かんなどで調べることで、感じたこと分かったことだけでなく、いろいろと勉強できたことがわかります。
イチゴは、苺という漢字(かんじ)もありますから、オランダ原産の外来種(がいらいしゅ)としり、びっくりです。どうして長崎がイチゴの産地(さんち)となったかもちゃんと考えて、すごいと思います。
さらに、イチゴの種はどこにある?イチゴは果物(くだもの)か野菜なのかどっち? などについても、観察していろいろ調べると体験学習の楽しさがもっとふくらむと思います。
これからも家族ならではの楽しい活動を期待しています。来年のイチゴ栽培(さいばい)もがんばってくださいね。(環境カウンセラーMJより)
エコまる
だいやエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

323 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名だいやエコクラブ
  • 所在地長崎県佐世保市
  • クラブの種類家族親戚

クラブ写真

当クラブは、ESDを通して、子供達の「自分で考え、実行できる力」を養い、環境保全活動を行い地域に貢献・啓発し、地域資源を守ると同時に環境市民を増やすことを目的としています。

だいやエコクラブblog https://ameblo.jp/pt-daiya0313/

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧