活動レポート

活動レポート

水辺の鳥の観察

けいちゃん たんけんたい(滋賀県大津市)

活動日:

2021年1月13日

実施場所:

大津市衣川緑地公園

参加メンバー&サポーター数:

2人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

ふなばし三番瀬環境学習館のイベント「ちぎり絵」と「ちびっこ生きものおはなし会『鳥』」に参加して動画を見ました。動画の中のスズガモを見たとき、メンバーが「この鳥、散歩したときに川にいた鳥みたい。」と言ったので、その川まで望遠鏡を持って観察に出かけました。鳥の観察には環境省の「ガンカモ類の生育調査の対象種識別ガイド」を使用しました。

参加者のようす

・鳥を見つけると、つい「わー!鳥がいたー!」と駆け寄ってしまい、鳥が逃げて川に鳥がいなくなりました。それでも、「あっちの琵琶湖に鳥がいる。」と言うので公園まで行ってみました。
・鳥を望遠鏡で観察して識別ガイドを見ながら、「体は全部黒い。くちばしは白や。スズカモかと思ったけれど、オオバンみたい。」と言っていました(写真右)。そして写真を撮りました(写真左)。

感想・気づいたこと・考えたこと

・「スズカモは白いくちばしと黒っぽい体が特徴」と動画で見たので、以前見た鳥を思い出して、その鳥がスズカモだと思ったようです。でも実際は識別ガイドのオオバンの写真とそっくりでした。もうオオバンはどの鳥かわかるようになりました。
・今まで鳥には興味がなかったのですが、動画を見たことをきっかけに、渡り鳥やガンカモ類のことや、近くにもカモがいることを知りました。これからも鳥の観察を続けて、いろいろな鳥がわかるようになりたいです。
・写真を撮りましたが、かなり不鮮明でした。鳥は遠いところにいて動くので、枚数はたくさん撮りましたが、良い写真を撮るのは難しいと感じました。

けいちゃん たんけんたいさん、観察報告をありがとうございます。
滋賀県にお住まいなのに千葉の三番瀬のイベントに参加したんですね!コロナは本当に大変なことばかりですが、オンラインでこんなことができるようになりました◎
鳥の観察はとても楽しいですね。観察するときは「自分の目でしっかり見る」ことが大事です。ゆっくり見ていると、「あっ、鳥」と思っているものの中でそれぞれのちがいが見えてきます。ちがいを見せてもらうためには静かに鳥に近づくことが大切です。次回はぜひ試してみてください^^
鳥の羽毛は大変きれいです。日射しが当たると本来の色が見えてきます。スズガモ(オス)も全体が黒ずんで見えるけれど頭は緑色の羽毛だったりします。鳥はオス・メスでまったく彩りが違います。名前をすぐに覚えるのは大変ですが、ぜひ観察を続けて「ここには○○種類の鳥がいるよ」とお友だちに教えることができるようになってください。期待しています!
エコまる
けいちゃん たんけんたいのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

44 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名けいちゃん たんけんたい
  • 所在地滋賀県大津市
  • クラブの種類家族親戚

クラブ写真

好奇心いっぱいの3人組のクラブです。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧