活動レポート

活動レポート

稲の生育状況観察日記その12(11月20日)

認定こども園たから幼稚園こどもエコクラブ(福岡県大牟田市)

活動日:

2020年11月20日

実施場所:

認定こども園たから幼稚園 園舎

参加メンバー&サポーター数:

59人

活動の分野:

  • 分野:農業・栽培 農業・栽培

活動内容

 「稲刈り」から「天日干し」と順調に進んで、今日は牛乳パックを使って天日干しが終わった稲の脱穀を行いました。

参加者のようす

 コンテナで育てた稲も、今日の脱穀で「お米の形」に近付いてきました。普段接するお米の形に近付くにつれ、お米を作った実感が湧いてきた様子です。
 上手に脱穀出来ると、籾が稲穂から離れ、牛乳パックの中に落ちる音がするので、誰の音が一番格好良い音がするか友達同士で競い合ってました。

感想・気づいたこと・考えたこと

 脱穀の途中で牛乳パックの中から籾がこぼれたりすると、一粒一粒大事そうに拾って牛乳パックの中に入れてました。稲穂に籾が残っていると、籾が残らないように最後の一粒まで綺麗に脱穀してました。
 お米を一粒一粒大切にする気持ちが芽生えたと、嬉しく思いました。

認定こども園たから幼稚園こどもエコクラブのみなさんこんにちは!
一年かけてとても素晴らしい体験をしましたね。がんばったメンバーのみなさん、そして指導・お世話されたサポーターのみなさんに大きな拍手を送ります★☆
稲を育て、米の収穫体験をしているクラブはいくつもありますが、牛乳パックやすり鉢を使って脱穀、精米体験をしているクラブはなかなかないのではないでしょうか。
切り身の魚がパック入りで海を泳いでいると信じている子どもたちもいる中、お米作りはすばらしい活動だと思います。本当にお疲れさまでした。炊きあがった新米の味、きっとおいしいでしょうね。その報告も楽しみに待っています^^
エコまる
認定こども園たから幼稚園こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

516 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名認定こども園たから幼稚園こどもエコクラブ
  • 所在地福岡県大牟田市
  • クラブの種類幼稚園保育園

クラブ写真

 大牟田市にある認定こども園たから幼稚園です。
 毎年、年長児が田植えをして餅米を栽培していますが、今年度は大牟田市を襲った7月集中豪雨で田んぼに土砂が流入して田植えが出来なくなりました。
 急きょ、コンテナを使って田んぼを作り、田植えを行うことにしました。これから収穫までの期間、毎日タブレットを使って稲の生育状況の観察日記作りに取り組もうと思います。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧