活動レポート

活動レポート

田植え

認定こども園たから幼稚園こどもエコクラブ(福岡県大牟田市)

活動日:

2020年7月15日

実施場所:

認定こども園たから幼稚園 園庭

参加メンバー&サポーター数:

60人

活動の分野:

  • 分野:農業・栽培 農業・栽培

活動内容

 例年、幼稚園の年長児は田んぼで田植えを行ってます。
 今年度は、大牟田市を襲った7月集中豪雨で準備していた田んぼに土砂が流入して、田んぼが使えなくなりました。

 苗の準備も整ってましたし、園児達も田植えを楽しみにしていましたので、コンテナを準備してそのコンテナに田植えをして、稲の栽培をすることにしました。

参加者のようす

 砂場の砂と違って、田んぼの泥を触る経験など無かったし、田んぼの泥は見た目も良くないし、初めは泥の中に手を入れて、苗を植える作業に尻込みする園児も多かった。

感想・気づいたこと・考えたこと

 田んぼでの田植えだと、ヤゴやオタマジャクシなどの水辺の生き物を見付けたり、素足で田んぼに入り、泥の感触を味わったり泥の中でバランスを取る難しさ等々、色々な事を経験出来なかったが、コンテナを使って園庭でのコンテナ栽培は、毎日観察出来るし、日々の稲の生長や変化に気付く事も多いと思います。
 コンテナ栽培のメリットを生かしながら、収穫までの観察を続けたいと思います。

その他

 幼稚園で取り組みをしているICT教育と連携を取りながら、タブレットを活用した活用した観察日記を作り上げようと思います。

認定こども園たから幼稚園こどもエコクラブのみなさんへ
じゅんびしていた田んぼが、災害(さいがい)でつかえなくなってしまって大変だったね。
でもコンテナ栽培(さいばい)による田植えはステキなアイデアです。
お話にあるように、メリット・デメリットはあるものの、日々の変化にあわせて、その時に一番良いことをしていくことそのものが大きな環境(かんきょう)への学びにつながっていくと思うよ!
幼稚園でICT教育も進んでいるんだね。稲(いね)の成長とともに、これからの活動報告とても楽しみにしているよ!また報告してね!
エコまる
認定こども園たから幼稚園こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

315 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名認定こども園たから幼稚園こどもエコクラブ
  • 所在地福岡県大牟田市
  • クラブの種類幼稚園保育園

クラブ写真

 大牟田市にある認定こども園たから幼稚園です。
 毎年、年長児が田植えをして餅米を栽培していますが、今年度は大牟田市を襲った7月集中豪雨で田んぼに土砂が流入して田植えが出来なくなりました。
 急きょ、コンテナを使って田んぼを作り、田植えを行うことにしました。これから収穫までの期間、毎日タブレットを使って稲の生育状況の観察日記作りに取り組もうと思います。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧