助成金情報《5月15日更新》|お知らせ

お知らせ

助成金情報《5月15日更新》

2020.05.15 掲載

クラブの活動を行う上で、「もっとこんなことができれば…」「〇〇の活動をもっと充実させたい!」といったことはありませんか?
 現在、企業・団体からいろいろな環境活動への助成事業が実施されています。これらの助成事業を活用すると、活動の幅がひろがり、さらに充実させることができます!それぞれの助成の目的や趣旨をチェックしてクラブの活動とマッチするものを見つけてぜひ応募してみましょう!
※必ずしもすべての経費が交付される訳ではありませんので、事前に募集要項等で補助対象となる経費・補助の割合・上限額などをしっかり確認しましょう!また、助成対象が特定の地域に限定されているものもありますのでご注意ください。

更新該当部分には「エコまる」エコ丸★NEW.pngがついています。(2020年5月15日現在)

助成
事業名
受付期間 対象地域・団体 申 請 先 助成限度額 助 成 内 容
大阪湾広域臨海環境整備センター
環境保全市民活動等助成エコ丸★NEW.pngのサムネイル画像
2020年5月11日(月)~6月12日(金) 次の条件を全て満たす団体等とします。
①大阪湾センターの広域処理対象区域内に本拠を有すること。
②営利を目的としない法人(NPO法人等)又は団体であること。
③学校教育法に定める学校(専修学校、各種学校を含む。)でないこと。
④政治的活動又は宗教活動を目的としない団体であること。
⑤年間を通じて活動する団体であること。

大阪湾広域臨海環境整備センター(担当:環境課藤原)
〒530-0005大阪市北区中之島2-2-2大阪中之島ビル9階
TEL:06-6204-1725 FAX:06-6204-1728

消耗品の購入、印刷費用や講師の謝礼など、活動に必要な経費を対象としますが、飲食費や事務所の備品購入等の経費は認められません。
助成金の額は、活動に要する費用の1/2以下とし、16万円を上限に大阪湾センターの予算の範囲内で決定します。

次の条件をすべて満たす活動とします。

①大阪湾センターの広域処理対象区域内において行う活動であり、自治体(府県又は市町村)からの推薦があること。
②令和2年度中に行う活動であること。
③循環型社会形成推進、3R推進、水域環境の保全創造に関する活動及びこれに関する調査研究、環境教育、啓発活動であること。

詳しくはウェブサイトでご確認ください。

名古屋都市センター
2020年度まちづくり活動助成「スタートアップ部門」エコ丸★NEW.pngのサムネイル画像

2020年7月31日(金)
17:00まで
※公募期間延長

 

次に掲げるすべての条件に該当する「地域のまちづくり活動団体」

(1) 活動初期(3年以内)のまちづくり団体または、これから活動を始めるグループ
(2) 名古屋市内在住または在勤、在学者3人以上で構成され、名古屋市内で活動する団体であること
(3) 団体の代表者または連絡先担当者のうち、どちらかが20歳以上であること

公益財団法人名古屋まちづくり公社
名古屋都市センター 調査課
まちづくり支援担当
TEL:052-678-2214
FAX:052-678-2209
e-mail:shien@nup.or.jp

〔初めての助成〕5万円以内
〔2・3回目〕10万円以内

※1団体につき3回まで(連続、不連続に関わらず)

地域の住みよい環境づくりにつながる「まちづくり活動」
・まちづくり活動を行うための、仲間作りや活動の勉強会等の開催
・地域のコミュニティの形成を目指すための活動
・住宅の軒先や道路沿いを緑や花でいっぱいにし、まちを美しくする活動
・地域の防災・減災を進めるための活動
・子どもや高齢者、障がいのある方の目線で考え共にする活動  など

詳しくはウェブサイトでご確認ください。

B&G海洋クラブ 登録団体募集エコ丸★NEW.pngのサムネイル画像 2020年5月29日(金)必着 主にマリンスポーツや環境学習等の推進を希望する民間団体・自治体など
マリンスポーツや海洋教育を推進し、非営利な活動に取り組む団体が対象です。すでに活動を行っている既存団体(NPO法人や任意団体など)、新規で団体を立ち上げて新たに活動を始める新規団体(個人による申請)も対象です。

B&G財団 事業部 海洋センター・クラブ課   TEL:03-6402-5314
住所:東京都港区虎ノ門3-4-10 虎ノ門35森ビル 9F
e-mail:center@bgf.or.jp

海洋クラブとして登録した団体には、上限50~200万円の範囲で活動器材を配備します。

1.カヌーやスタンドアップパドルボード(SUP)、ヨットなどの舟艇器材を活用したマリンスポーツ活動
2.水生生物の観察、水質の保全、漂流ゴミ調査、ビーチクリーン活動など、水辺や海辺の環境に関する活動
3.水辺でのレクリエーション活動
4.地域や自治体と連携した親水活動 など

詳しくはウェブサイトでご確認ください。
公益信託 大成建設自然・歴史環境基金【2020年度】エコ丸★NEW.pngのサムネイル画像 2020年7月31日(金)事務局必着 国内に拠点を置き、自然・歴史環境の保全活用のために、活動や研究を行う非営利団体(個人による申請は不可)で適正な運営、会計処理、情報公開を行っていること みずほ信託銀行株式会社 リテール・事業法人開発部 福祉信託係
『公益信託 大成建設自然・歴史環境基金』 事務局
TEL 03-3274-9210 FAX 03-3274-9504
E-mail: koueki.tb@mizuhotb.co.jp

  1. (1)助成金総額:1,500万円程度、助成件数:30件程度。
  2. (2)助成対象事業の期間:原則として助成金振込日より1年間。
  3.  
  4. 原則として2年連続の助成はいたしません。

国内ならびに開発途上国の自然・歴史環境の保全活用にかかわる活動や研究

その他詳細はウェブサイトでご確認ください。
トヨタ環境活動助成プログラム 2020年4月6日~2020年9月3日(必着)
※公募期間延長
実践的にプロジェクトやESDを推進するNPO等の民間非営利団体(学校は対象外)・グループ トヨタ環境活動助成プログラム事務局
TEL:03-3817-9238 (受付対応:月~金10:00~17:00) 
E-mail:tmc-ecogrant@g500.jp
①海外プロジェクト(海外での活動が対象):1件当たりの助成額上限700万円
②国内プロジェクト(国内での活動が対象):1件当たりの助成額上限300万円
③国内小規模プロジェクト(今まで当助成プログラムで未助成の団体による、国内での活動が対象):1件当たりの助成額上限100万円

助成対象テーマ:生物多様性/気候変動

その他詳細はウェブサイトでご確認ください。

※助成期間も延長しています。詳しくは上記ウェブサイトからご確認ください。
第19回 トム・ソーヤースクール企画コンテスト

2020年5月18日(月)まで

【学校部門】
小学校・中学校または、小中学校より委託・協力・協働等によって当該活動を主催する団体。
小学校、中学校において授業や課外活動の一環として行われる活動で、小中学生が各回概ね10名程度が参加する企画で、学校長の承認を受けたもの。

【一般部門】
定款・規約等が整備され、組織としての形態を有し、当該活動を主催する団体。
小中学生が各回概ね10名程度が参加する企画であること。
公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団
「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」係
TEL:072-752-4335FAX:072-752-2473
E-mail:h.mokuo@ando-zaidan.jp
担当:荒金、杢尾

【学校部門】
文部科学大臣賞:1校(団体)
副賞100万円+チキンラーメン1年分
優秀賞:1校(団体)副賞50万円+チキンラーメン半年分

【一般部門】
安藤百福賞:1団体
副賞100万円+チキンラーメン1年分
優秀賞:1団体
副賞50万円+チキンラーメン半年分

【推奨モデル特別賞】
プランニングや指導の方法、計画を実施に移す過程などが多くの学校や団体の参考モデルになると認められた企画に贈呈します。
副賞30万円+チキンラーメン半年分

【トム・ソーヤー奨励賞】
企画内容がユニークであり、他団体への刺激や参考となり、さらなる飛躍が期待できる団体に贈呈します。副賞20万円+チキンラーメン半年分
【努力賞】
副賞10万円+チキンラーメン3ヵ月分
 

小中学生が概ね10人程度参加する自然の中での体験活動であれば、ジャンルは問いませんが、ユニークさと創造性にあふれ、高い教育効果が得られる活動とします。
他の助成金や支援を受けている企画でも応募できます。
例)自然体験、地域交流、環境教育、史跡探訪、自然探検、アウトドアスポーツ など
目的が明確であり、子どもたちの健全な心身の育成に寄与するもの。

その他詳細はウェブサイトをご確認ください。
2020年度エフピコ環境基金 2020年6月30日(火)まで 日本国内に拠点をもつ、以下の条件を満たす団体
① 特定非営利活動法人(NPO法人)、一般社団・財団法人、 公益社団・財団法人
② 大学、高等学校、高等専門学校
③ 地方公共団体
エフピコ環境基金事務局
E-mail: fp-kankyokikin@fpco-net.co.jp

1案件当たり:上限100万円

助成の継続を希望される団体は、最大3年まで継続申請が可能

環境の保全を図る活動(研究・教育を含む)

その他詳細はウェブサイトをご確認ください。
子どもゆめ基金助成金〈二次募集〉 2020年5月1日(金)~郵送申請:6月16日(火)、電子申請:6月30日(火)17時

次に該当する団体で、当該団体が自ら主催し、子どもの健全な育成を目的に子どもの体験活動や読書活動の振興に取り組む団体が対象となります。

(1)公益社団法人、公益財団法人または一般社団法人、一般財団法人
(2)特定非営利活動法人
(3)上記(1)(2)以外の法人格を有する団体(次に掲げる団体を除く)
・国または地方公共団体
・法律により直接に設立された法人
・特別の法律により特別の設立行為をもって設立された法人

(4)法人格を有しないが、活動を実施するための体制が整っていると認められる団体

国立青少年教育振興機構 子どもゆめ基金部助成課

〒151-0052
東京都渋谷区代々木神園町3-1
TEL:0120-579081
FAX:03-6407-7720
E-mail:yume@niye.go.jp
1件あたり50万円以下(活動規模:市区町村規模)

子どもの健全な育成を図ることを目的に、2020年10月1日から2021年3月31日までの間に行われる次の(1)(2)の活動に対する助成を行います。
(1)子どもを対象とする体験活動や読書活動
 ・自然体験活動
 ・科学体験活動
 ・交流を目的とする活動
 ・社会奉仕体験活動
 ・職場体験活動
 ・総合・その他の活動
 ・読書活動
(2)子どもを対象とする体験活動や読書活動を支援する活動
 ・フォーラム等普及活動
 ・指導者養成

その他詳細はウェブサイトをご確認ください。

【助成事業情報の投稿について】
 子どもたちが充実した環境活動が行えるよう助成事業の紹介を本ページにて行っております。
 本事業の目的をご理解いただいたうえで、助成金情報の掲載をご希望される方は、メールにて事務局までご連絡をお願いいたします。その際には、件名を「助成金情報の投稿依頼」とご入力下さい。本文には、「1.助成事業名 2.申請先団体名 3.申請先連絡先(住所・TEL・E-MAIL・担当者名)4.募集要項等の助成事業の詳細がわかるもの(ウェブサイトへのリンクでも結構です)」をご記載いただき、下記の事務局までメールにてご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。

●こどもエコクラブ全国事務局● 

 〒101-0032 
  東京都千代田区岩本町1-10-5 TMMビル5階 公益財団法人 日本環境協会 
  TEL:03-5829-6359 FAX:03-5829-6190 E-mail:j-ecoclub@jeas.or.jp

こどもエコクラブとは…幼児(3歳)から高校生までなら誰でも参加できる環境活動のクラブです。子どもたちの環境保全活動や環境学習を支援することにより、子どもたちが人と環境の関わりについて幅広い理解を深め、自然を大切に思う心や、環境問題解決に自ら考え行動する力を育成し、地域の環境保全活動の環を広げることを目的としています。
もどる