【環境省】各地の登録クラブが環境教育体験活動優良事例に選ばれました!|お知らせ

お知らせ

【環境省】各地の登録クラブが環境教育体験活動優良事例に選ばれました!

2020.04.01 掲載

こどもエコクラブで活躍しているクラブが優良事例として環境省に認められました!

活動の名称 実施主体 活動のポイント
埼玉の学校だからできる環境活動
-私たちの「学び」から「社会」の学びへ-
浦和実業学園中学校・高等学校(社会科同好会) ・中学校の部活動として実施
・社会の人々に伝え、社会を変える普及啓発活動
・地域にある多様な自然・環境・資源を活用
広西湧き水再生プロジェクト 広安西小学校 ・熊本県、阿蘇周辺、学校付近のわき水調査等
・地域の方との交流体験
命を育む活動 まきのはら水辺の楽校 ・水をテーマに、里山、里地、河川、海とつなぐ活動を展開。
・子どもの水辺にも登録
もったいない市 浜松グリーンウエーブ株式会社 3R啓発
リユース(再利用)を子どもやファミリー層が体験

体験の機会の場認定

佐川急便株式会社 佐川急便「高尾100年の森」

ひろさき環境パートナーシップ21 弘前だんぶり池

環境教育体験活動優良事例について
 平成30年6月に閣議決定した環境教育等促進法に基づく「環境保全活動、環境保全の意欲の増進及び環境教育並びに協働取組の推進に関する基本的な方針」では、持続可能な社会づくりへの主体的な参加と、循環と共生という観点からの参加の意欲を育むための「体験活動」を促進することが重要であるとしています。

 令和元年度は、広く事例を募集しました。応募いただいた事例について、優良と認められる事例を公表いたします。なお、環境教育等促進法に基づく体験の機会の場に認定されている体験活動については、本掲載の対象外としておりますので、こちらをご覧ください。

参照:環境省ウェブサイト 令和元年度環境教育体験活動優良事例の公表について

もどる