生物多様性アクション大賞2019【たべよう部門】入賞(エコアイディアキッズびわ湖 通称:アイキッズ(滋賀県草津市)さん)|お知らせ

お知らせ

生物多様性アクション大賞2019【たべよう部門】入賞(エコアイディアキッズびわ湖 通称:アイキッズ(滋賀県草津市)さん)

2019.12.02 掲載

概要

2019年度の生物多様性アクション大賞にて、『エコアイディアキッズびわ湖 通称:アイキッズ』さんが【たべよう部門】に入賞されました。
応募タイトル:「琵琶湖の伝統漁法、伝統食づくりを通して、琵琶湖のめぐみ、命のつながりをかんがえよう」

「エコアイディアキッズびわ湖 通称:アイキッズ」さんの活動レポートはこちらからご覧いただけます^^

生物多様性アクション大賞とは・・・
生物多様性アクション大賞は「国連生物多様性の10年」の日本における広報活動の一環として2013年にスタートし、7年目の今回、最終回となります。
たとえば、地産地消で旬の食材を使う食堂(たべよう)、海や川、山での自然体験(ふれよう)、美しい自然や生きものの姿を写真で表現(つたえよう)、地域に残る伝統文化の保存(まもろう)、環境に配慮した商品開発(えらぼう)など。ほかにもユニークな視点で生物多様性保全につながる活動がたくさんあるでしょう。本賞は、全国にひろがる、そんな活動を発掘し、応援し、多くの方に知っていただくことを目標にしています。
もどる