プログラミングで海のSDGs!2020(東京都世田谷区)|イベント情報

イベント情報

プログラミングで海のSDGs!2020(東京都世田谷区)

開催日
2020年11月15日(日) 10:00〜16:20
場所
Showa Digital Square(ショウワ デジタル スクエア)
世田谷区太子堂1-14-29 昭和女子大学10号館1階
※昭和女子大学正門からはお入りいただけません
内容

海の豊かさについて考えるイベント「プログラミングで海のSDGs!」を世田谷区で開催します。poster_1115.png

講演会は昭和女子大学の長屋講師による、「SDGsと社会のしくみ」についてのお話。色々な会社はSDGsとどのように関わっているのか考えてみましょう。
micro:bitを操作するプログラミングワークショップでは、海ごみ調査船、漁船を動かすプログラミングを組んで、海の豊かさを守るために何ができるか一緒に考えましょう。

新型コロナウイルス感染症予防対策について

スタッフは検温・手指消毒を徹底し、マスクやフェイスシールドを着用し感染予防に努めます。 ご参加のみなさまにも、検温・手指消毒および健康チェックシートのご記入などのご協力をお願いしております。

チケット申込期間:10月23日(金)7:00 〜 11月12日(木)17:30
 

講演会 | SDGsと社会のしくみを考えよう

お話しする人:
昭和女子大学 グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科 専任講師 長屋真季子(ながや まきこ)氏
「SDGsって何?」を講師と一緒に考えましょう。
SDGsは企業にとっても重要な課題になっています。「SDGsって何?」を出発点に、今、企業がなぜSDGsに取り組む必要があるのか、皆さんが知っている身近なお店を例に取り挙げながら、経済社会とSDGsの関係を考えてみましょう。

時間:13:00〜14:00
会場:2F 2S01教室
対象年齢:小学4〜6年生と保護者(一般の方のご参加も歓迎)
定員:小学生親子68名予定
チケット:要(Peatixでのチケット申し込みが必要です)
参加費:無料
プログラミングワークショップ | ①海洋プラスチックごみ調査
協力:リトルスタジオインク株式会社
MakeCodeというブロックプログラミング環境を使って、micro:bit で「海洋プラスチックごみの調査船」を動かそう!
プログラミングだけでなく、どうしてこのような調査が必要なのか、調査結果から何がわかるのかについても考えましょう!umi-h2umi-h2.png

時間:10:00~12:00
会場:1F スタディールーム
対象年齢:小学4〜6年生(プログラミング初心者でも歓迎)
定員:15名予定
チケット:要(Peatixでのチケット申し込みが必要です)
参加費:1,500円(教材実費の約半分の負担をお願いしています)

プログラミングワークショップ | ②プログラミングでサステナブル漁業体験

協力:リトルスタジオインク株式会社

「海の恵みをいつまでも」をテーマにした、プログラミングワークショップ
MakeCodeというブロックプログラミング環境を使って、micro:bitで「サステナブル漁船」を動かそう!
いつまでも漁業を続けることができ、みんながいつまでも魚を食べられるために、どんな漁業が考えられるのでしょうか? 今、できることは何でしょう?
海の恵みの未来を一緒に考えながら、楽しくプログラミング体験をしましょう!

時間:14:20〜16:20
会場:1F スタディールーム
対象年齢:小学4〜6年生(プログラミング初心者でも歓迎)
定員:15名まで
チケット:要(Peatixでのチケット申し込みが必要です)
参加費:1,500円(教材実費の約半分の負担をお願いしています)

※休憩をはさんで2時間のワークショップです。
※ワークショップ①・②の、プログラミング難易度は同じレベルです。
※会場には必ず保護者または引率者の方がご同伴いただきますが、ソーシャルディスタンスを保つため児童との同席はご遠慮ください。児童のワークショップ等への参加中、保護者は施設内に留まっていただけるようお願いいたします。

教材のmicro:bitは、各自お持ち帰りいただきます。ecobagtouka.pngのサムネイル画像
教材のmicro:bitはワークショップ開始時に新品でお渡しします。ワークショップ後は、箱ごとお持ち帰りいただきます。お持ち帰り用のエコバッグなどを持参してください。(箱の大きさは、17×11×3cm程度)
お問い合わせ
●プログラミングでSDGs! お問い合わせ
TEL:03-5784-4651
サポート受付時間 10:00~17:00(土日・祝日を除く)

参考HP

もどる