【満員御礼】プログラミングで海のSDGs!(大阪府河内長野市)|イベント情報

イベント情報

【満員御礼】プログラミングで海のSDGs!(大阪府河内長野市)

開催日
2020年8月 9日(日) 10:30〜16:40
場所
キックス(河内長野市立 市民交流センター)
〒586-0025 大阪府河内長野市昭栄町7−1
内容

河内長岡市のイベントは定員につき、募集終了いたしました。

次世代へ海を引き継ぐために、海を介して⼈と⼈とがつながる“⽇本財団「海と⽇本プロジェクト」”の⼀環として、一般社団法人 イエロー ピン プロジェクトが親子を対象に開催しています。
SDGsって何? プログラミングって何? どうするの? 難しいの?エコまるthinkingss.jpg
…という親子でも大丈夫!
海を汚したら⾃分たちの⾷⽣活にどのように影響が表れるかなど、プログラミングを通して「海の豊かさを守ることの⼤切さ」を再認識し、加えて今注⽬されているSDGs についても親⼦で考えることができるイベントです。

mask-ecomaru.png当イベントの新型コロナウイルス感染症予防対策について
ワークショップ講師をはじめとするスタッフの多くは、東京からの参加となります。スタッフは検温・手指消毒を徹底し、マスクやフェイスシールドを着用し感染予防に努めます。
ご参加のみなさまにも、検温・手指消毒、マスク着用のご協力をお願いしております。
ご参加当日には「参加同意書」および「健康チェックシート」のご記入もお願いしています。
参加同意書と健康チェックシートは、広報チラシ裏面にあります。
チラシはこちらからもダウンロード(PDF:1.1MB)可能です。
また、状況に応じて行事の延期・中止・規模縮小などを検討する場合もございます。
イベント参加にはチケットが必要です。詳しくは『プログラミングで海のSDGs!』のホームページをご覧ください。

プログラム

【講演会「未来のために知っておきたい、海と川のプラスチックの話」
≪講師≫大阪商業大学 公共学科 准教授 原田禎夫先生

未来のために「明日からできること」を一緒に考えてみませんか?kawagomi.png

世界的に深刻化する海のプラスチック汚染。
実は海と川のプラスチックごみのほとんどは、私たちの暮らしの中から出ている身近なものばかりです。
どうすれば海のプラスチック汚染を食い止められるのか、みなさんと一緒に考えましょう!

ワークショップA | 海ごみ調査プログラミングrobo-r.pngのサムネイル画像

協力:リトルスタジオインク株式会社

ブロックプログラミングとmicro:bit で海洋プラスチックごみの調査船を動かそう

ブロックプログラミングとmicro:bitを使って、海洋プラスチックごみの調査をするよ。プログラミングだけでなく、どうしてこのような調査が必要なのか、調査結果から何がわかるのかについても考えよう。

ワークショップB | 初心者向けプログラミングrobo-r.pngのサムネイル画像

協力:Little Sunshine English School

教育プログラミング言語Scratchで、海の様子を描こう

Scratchで、海の生き物を自分で描いて動かしてみよう。
*プログラミング及びScratch未経験者向けのワークショップで、Scratchの基本をご説明します。

詳しくは、公式ホームページへ!

 

お問い合わせ
会場への、内容やお申し込み等に関するお問い合わせはお控えください。

●プログラミングでSDGs! お問い合わせ ※イベント内容に関するお問い合わせ
電話:03-5784-4651
サポート受付時間 10:00~17:00(土日・祝日を除く)

●申込みに関するお問い合わせ先:河内長野ライオンズクラブ
電話:0721-52-6890
FAX:0721-56-1466
メール:kawachinagano@lion.odn.ne.jp
サポート受付時間 10:00~17:00(火土日・祝日を除く)

参考HP

もどる