【2020 壁新聞道場!】たのもーーーう!大分県 その1|壁新聞道場!

壁新聞道場!

【2020 壁新聞道場!】たのもーーーう!大分県 その1

2020.07.29 掲載

大分県からは5枚の壁新聞が届いたよ!
その中から1枚をご紹介。吉田師範、よろしくお願いしまーす。

大分県 その2

大分市「イオンパークプレイス大分・チアーズクラブ」
R1-44-01.JPG

イオンパークプレイス大分・チアーズクラブのみなさんへ
師範から一言!

色合いや文字の大きさなど、とても読みやすい壁新聞ですね。内容もていねいに書かれていて、よくわかりました。毎年壁新聞を作っている経験が表れていると感じます。これからもがんばって下さいね。
「ごみ」とは何かを考えることは、とても大切です。この世に初めから「ごみ」だったものはないですね。みなさんが書かれているように、役割を終えたり、必要がなくなったりしたものを「ごみ」と呼んでいます。ごみかどうかを決めているのは、私たち人間です。20年位前は、お菓子の空き箱はごみとして捨てていましたが、今では資源ごみとしてリサイクルできます。箱にリサイクルマークがついていますね。壁新聞を読んで、「こんなものにもマークがついているんだ」と思う人も多いと思いますよ。「まとめ」に書いていることはすでに実行していると思いますので、これからも続けていきましょう。

とっておきのゴシドウ★

大分市の環境展への出店など、地域にも活動を広めていてすばらしいと思います。事前の準備は大変だったと思いますが、たくさんの方に参加してもらえてよかったですね。参加した方たちの様子や感想などを聞いてみると、次の活動へのヒントにもなると思います。簡単なアンケートをしてみてもいいですね。例えば家で取り組んでいることや、これから取り組もうと思ったことをいくつか挙げておき、該当するところにシールを貼って投票してもらう、など。他の人の考えというのは、意外に印象に残るものです。参加者とみなさん、また参加者同士で交流でき、新しい発見もあると思います。機会があれば挑戦してほしいです。

地域事務局からの応援メッセージ
【大分市】
「チアーズクラブのごみ問題」に対する探究心と解決のための取組にとても感心しました。みんなで4Rを推進していきましょう。

【大分県】
いつも地域での環境保全活動ありがとうございます。写真や図などが工夫されていて、とても分かりやすいです。 皆さんのいきいきとした活動の様子で、環境活動の大切さや楽しさが、見る人に伝わると思います。これからも地域での活動がんばってください。

吉田師範、ありがとうございました!次はどこの地域かな?お楽しみに!
bunbetu-h.png

 

大分県 その2

ご意見ご感想もお待ちしております!
101-0032 東京都千代田区岩本町1丁目10-5 TMMビル5F
公益財団法人 日本環境協会
TEL:03-5829-6359 FAX:03-5829-6190

Email: j-ecoclub@jeas.or.jp

師範紹介ページはこちら! その①  その②

2019年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201912131500.html
2018年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201901062018.html
2017年の壁新聞道場一覧はこちら 
http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201801121459.html
2016年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201703311342.html
2015年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201603301552.html
2014年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201501071712.html

2013年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201204191131.html