【2018 壁新聞道場!】たのもーーーう!富山県|壁新聞道場!

壁新聞道場!

【2018 壁新聞道場!】たのもーーーう!富山県

2018.05.09 掲載

富山県は高岡市役所 保育園合同クラブさんから応募があったよ。
今週は浅井師範です。よろしくお願いしまーす!

高岡市「高岡市役所 保育園合同クラブ」

18-16-01ミールケア賞.JPG高岡市役所 保育園合同クラブのみなさんへ
師範から一言

メンバーのみんなへ

みなさんが ゴーヤの みずやりを がんばったので、とってもすてきな みどりのカーテンが できましたね。ゴーヤが おおきくなり、はながさき、みができるあいだに、たくさんの はっけんも しましたね。みどりのカーテンと うちみずで あついなつを すずしくする くふうが できました。

ほかにも おんだんかのおはなしを きいたり、はがきを リサイクルしたりと、エコかつどうを がんばってくれています。これからも げんきに たのしみながら エコかつどうを つづけてくださいね。

高岡市の保育園・幼稚園の合同エコクラブが、すてきな壁新聞で活動を報告してくれています。なんと、15もの保育園・幼稚園でそれぞれ活動をされています。

メインプロジェクトのゴーヤのグリーンカーテンは、毎年取り組まれていますが、ゴーヤの生長に負けないぐらい子どもたちも成長して、たくさんの発見や感激があったことが伝わってきますね。子どもたちの文字やイラストもあり、楽しく分かりやすい壁新聞です。

市役所の方や地元企業の方と一緒に開催されている環境教室も、とてもすてきな取り組みだと思います。温暖化問題やごみ分別について、子どもたちが知識を得たというだけでなく、「大人も、会社も、地域も、環境問題に取り組んでいるんだ」ということを子どもが実感できるのはいいですね。ごみ分別をゲームにするなど、子どもたちが楽しめるようにされているところもすてきです。

サポーターへのとっておきのゴシドウ

毎年継続して取り組まれているので、植物の生長を喜んだり、環境問題に関心を持ったり等、子どもたちの心に自然と育まれていると思います。また、子どもがゴーヤのことを家で話をしたり、はがきのリサイクルの協力を呼びかけるなど、園からそれぞれのご家庭へもすてきな影響があるのではと思います。環境教室で企業の方のご協力があったりなど、今回の壁新聞を拝見して、園にとどまらず地域にエコ活動の輪が広がっていることを感じました。

例えば園で毎年行っている行事の中にも、ちょっとだけエコを取り入れられないかなあと考えてもらえるとうれしく思います。これからも、それぞれの園にあった形で、すてきな活動を継続してくださいね。

浅井師範、ありがとうございました!次回はどこの地域かな?お楽しみに!

mizuyari-a.pngご意見ご感想もお待ちしております!
〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1-4-16 馬喰町第一ビル9階
公益財団法人 日本環境協会
TEL:03-5643-6251 FAX:03-5643-6250
Email: j-ecoclub@eic.or.jp

師範紹介ページはこちら! その①  その②

2017年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201801121459.html
2016年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201703311342.html
2015年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201603301552.html
2014年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201501071712.html

2013年の壁新聞道場一覧はこちら http://www.j-ecoclub.jp/kabe/201204191131.html