活動レポート

活動レポート

櫨谷川調査

玉一アクアリウム(兵庫県神戸市)

活動日:

2020年5月27日

実施場所:

神戸市 明石川支川櫨谷川

参加メンバー&サポーター数:

4人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

活動内容

櫨谷川で1時間かけて調査をしました。コイの幼魚28匹、オイカワの幼魚14匹、ナマズの幼魚1匹、アカミミガメの幼体2匹、ミナミヌマエビ160匹、ハグロトンボの幼虫134匹、シオカラトンボの幼虫1匹、イトトンボの幼虫1匹、ガガンボの幼虫1匹がとれました。コイの幼魚の半分くらいとアカミミガメ2匹は、駆除をしてナーセリーの畑の肥料に持って帰り、ほかはリリースしました。今日は櫨谷川にオオクチバスの幼魚はいなかったけど、明石川と同じようにコイの幼魚がたくさんいました。ハグロトンボの幼虫が今までで一番多かったです。とれなかったけど、オイカワの幼魚の群れがたくさんいました。

参加者のようす

私は少ししかとれなかったけど、ほかのメンバーは、コイやオイカワやナマズやアカミミガメやハグロトンボの幼虫などをどんどんとっていました。調査をしていたら、小さな子とお母さんがあみとバケツを持って生き物をとりにきたので、コイの幼魚をあげると、とてもよろこんでくれました。遠くにすんでいるのにネットで見て玉一アクアリウムや玉津第一小学校のことを知っていると言っていたのでおどろきました。

感想・気づいたこと・考えたこと

調査が久しぶりすぎて、ずっと家の中にいて体がなまっていたので、少し疲れました。これからも活動をがんばります。

その他

報告担当:SY(小5)

玉一アクアリウムのみなさん、こんにちは。
久しぶりの活動でちょっと疲れてしまったようですね。これからは気温も高くなってくるので、調査前に体調は十分に確認して活動しましょう。
小さな子とお母さんがみなさんのことを知っていたのはびくりですね。どこかのエコクラブで活動しているのかもしれませんよ。この活動レポートも読んでくれているのかも。また会う機会があったら、交流してみるのもいいですね。
次のレポートも楽しみにしています。
エコまる
玉一アクアリウムのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

246 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名玉一アクアリウム
  • 所在地兵庫県神戸市
  • クラブの種類その他

クラブ写真

玉一アクアリウムは、明石川を守り育てる活動をしている小中高生のグループです。
1年を通して週に1度は川に入り、魚や水生生物をとって川の環境を調査しています。絶滅危惧種や在来種は、調査の後にリリースし、外来種はリリースせずに駆除をして、その命を無駄にしないように、みんなでおいしくいただいています。
2007年より活動を開始していますが、現在は特定外来生物のブルーギルやオオクチバスが目に見えて減り、かわりにオイカワやモロコなどの幼魚や成魚が今までで一番多く、成果を感じています。そして知識向上のために漁協や水族館や試験場や棚田の保全活動などに参加して勉強していますが、その度にいろんな事で、様々な人達に親切にしていただいています。明石川のためにはもちろんのこと、その方々のためにもこれからもしっかり学んで行きたいです。
※オオクチバスとブルーギルを環境省と農水省から許可をもらって飼っています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧