活動レポート

活動レポート

猪名川自然林観察ウォーク

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ(兵庫県尼崎市)

活動日:

2020年5月10日

実施場所:

猪名川自然林

参加メンバー&サポーター数:

17人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

SDGs:

活動内容

猪名川自然林を観察します。普段は行かない南端まで歩いていきます。自然林に造られた鳥の巣もさがします。長~いすべり台にもチャレンジします。

参加者のようす

カラスの巣を見つけて「大きいなあ」と言っていた子ども達も、アオサギの巣を見た時には「むっちゃ大きい」と驚いていました。
コゲラの巣穴やクマバチの巣穴を見て、「きれいな穴!」と感動です。

感想・気づいたこと・考えたこと

アオサギの巣がとても大きかったです。巣の上で大きな羽を広げていました。巣の下で、ザリガニの爪やアシを見つけました。ササの葉や草の葉で草笛を鳴らしました。良い音が出てうれしかったです。

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみなさん、猪名川自然林観察ウォークのレポートをありがとうございます。
めったに行かない自然林の南のはじまで歩いて、生きものを観察したり長いすべり台で遊んだりしたのですね。楽しそうですね。カラスの巣、アオサギの巣、コゲラの巣、鳥はいろんな巣を作りますよね。私も初めてコゲラの巣穴を見たときは「どうやったらこんなにきれいな丸い穴がほれるんだろう!」とびっくりしました。アオサギの巣の下にザリガニの足やツメが落ちていたとのこと。もしかしたらもうヒナがいたのかもしれませんね。
草笛を作ってならしたというのも楽しそうです。
これからも、たくさんおもしい活動をして、楽しいレポートを送ってくださいね。待っています。
エコまる
自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

102 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ
  • 所在地兵庫県尼崎市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

尼崎市という都市の中で比較的に田畑や自然が残っている園田地域で、地域の自然を楽しみ守る活動をしています。
 藻川の河原には、ヒメボタルがたくさん生息しています。ヒメボタルを守るために、河原のゴミ拾いや特定外来植物:アレチウリやオオブタクサの駆除活動をおこなっています。
 また、川に入っての生き物さがし、河原のバッタなどの観察、春の野草を食べる会、猪名川自然林での木の実遊びなどをおこない、たくさんの子ども達に私達のまちの自然に関心を持ってもらうための活動もしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧