活動レポート

活動レポート

野鳥観察会に参加しました

高槻市立第六中学校・自然観察同好会(大阪府高槻市)

活動日:

2020年1月5日

実施場所:

芥川

参加メンバー&サポーター数:

6人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性
  • 分野:イベント・交流会 イベント・交流会

活動内容

アクアピア芥川周辺で観察会がありました。鳥の観察は環境を知る機会になります。
今年はまだ暖かくカモ類など渡り鳥が少ないようです。芥川はカワセミが見られ、自然環境の良さを感じます。他にカモ類(コガモ、カルガモ、ヒドリガモ)、サギ類(ダイサギ、コサギ、アオサギ)、セキレイ、カラスなどが観察できました。

参加者のようす

双眼鏡で大きく見えるので興味深く観察しています。
雪模様で寒かったですがカラスやスズメ、ハトしか知らない生徒にとってはいい経験になりました。

感想・気づいたこと・考えたこと

鳥が生活しやすい芥川であってほしいと思います。
カワセミがきれいで、川にダイブして魚をうまく捕っている。
カラスの見分け方がわかった。
なぜコサギがたくさん集まっているのだろう。

高槻市立第六中学校・自然観察同好会のみなさん、こんにちは!
冬の鳥の観察は寒そうですね。日本の野鳥は「冬鳥」・「夏鳥」と呼ばれる渡り鳥と「留鳥」と呼ばれる年中いる鳥、、「旅鳥」と呼ばれる渡りの途中で日本に立ち寄る鳥、「漂鳥」と呼ばれる暑さや寒さをさけるために夏は山で、冬は里でくらす鳥(例えばウグイスなど)があります。
その他「迷鳥」と呼ばれる迷子の鳥もいます。ヒマヤラに住んでいる鳥などが日本で見られる時です。
野鳥がへるのは自然がなくなるのが最大の原因です。鳥をみれば人類の未来がわかるとも言われます。そう思いながら観察すると、またいろんな発見があると思いますよ。
また報告してくださいね。
エコまる
高槻市立第六中学校・自然観察同好会のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

404 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名高槻市立第六中学校・自然観察同好会
  • 所在地大阪府高槻市
  • クラブの種類学校のクラブ

クラブ写真

6中は琵琶湖と大阪湾の中間くらいにあり、近くに淀川や芥川、桧尾川があります。
校内に畑をつくり、トマト、サツマイモ、ピーマン、水菜、キャベツ、サトイモ、エンドウ、イチゴなど主に野菜を育てています。職員室前には同好会のスペースをつくり、スジエビ、テナガエビ、ドンコ、ドジョウナギ、オイカワ、カブト、クワガタなどを飼っています。平日は畑や魚の世話をしています。休日や夏休みは川で活動したり、河川の行事に参加しています。活動の様子は新聞にして校内に掲示しています。同好会の目標は、淀川や芥川の自然を自転車を使って観察し、クリーンキャンペーンなどの清掃活動や外来生物の除去など自然や川を守る活動に参加し、「自然の大切さを学び、伝えていく」というものです。
河川敷を自転車で走りながら自然に目を向けると、心が穏やかになりとても気持ちよくなります。これから交流できることを楽しみにしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧