活動レポート

活動レポート

治水・防災の取り組み学習会に参加しました

高槻市立第六中学校・自然観察同好会(大阪府高槻市)

活動日:

2019年9月29日

実施場所:

長岡京市中央生涯学習センター

参加メンバー&サポーター数:

8人

活動の分野:

  • 分野:分野その他 分野その他

活動内容

(内容)
1.淀川における治水・防災について
(1)河川整備計画及び河川改修の進捗状況
(2)近年の洪水発生状況
2.自分の命を自分で守るために
(1)自分の命を自分で守るために
(2)ハザードマップについて
(3)マイ防災マップ・マイタイムラインについて
(資料)
・淀川水系河川整備計画の概要及び中上流部の河川改修の進捗状況(近畿地方整備局)
・淀川水系における近年洪水の発生(近畿地方整備局)
・令和元年度「自分の命を自分で守るために」(公益法人日本河川協会)
・マイ防災マップ・マイタイムラインの取り組み(淀川河川レンジャー事務局)
・木津川の氾濫に備えたマイ防災マップ(八幡市二区9ブロック)
・東日本大震災における避難所について(岩手県陸前高田市・釘子 明)
・異常水害のメカニズムと今後の防災、減災のあり方について(京都大学防災研究所教授・中川 一)
・ハザードマップ(大山崎町、長岡京市、高槻市)

参加者のようす

高槻市でもハザードマップは全戸配布されています。しかし、生徒の中で見たことがある者はいませんでした。6中校区は土地が低く、桧尾川が氾濫すると1週間は水が引かないと聞いて驚いていました。また、国土交通省淀川河川事務所が取り組んでいる、治水対策などについても知ることができました。難しい内容もありましたがよく聴き考えることができました。

感想・気づいたこと・考えたこと

自然災害は、近年、局地化、集中化、激甚化しており、全国各地で大きな被害が頻発 しています。このような自然災害は、人間の力で食い止めることはできません。災害による被害は、日頃からの備えにより減らすことができます。クラブでは数年前、河川レンジャーの指導で校区の防災マップを作成しました。新しいメンバーでもう一度作成したいと思います。

エコまる
高槻市立第六中学校・自然観察同好会のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

59 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名高槻市立第六中学校・自然観察同好会
  • 所在地大阪府高槻市
  • クラブの種類学校のクラブ

クラブ写真

6中は琵琶湖と大阪湾の中間くらいにあり、近くに淀川や芥川、桧尾川があります。
校内に畑をつくり、トマト、サツマイモ、ピーマン、水菜、キャベツ、サトイモ、エンドウ、イチゴなど主に野菜を育てています。職員室前には同好会のスペースをつくり、スジエビ、テナガエビ、ドンコ、ドジョウナギ、オイカワ、カブト、クワガタなどを飼っています。平日は畑や魚の世話をしています。休日や夏休みは川で活動したり、河川の行事に参加しています。活動の様子は新聞にして校内に掲示しています。同好会の目標は、淀川や芥川の自然を自転車を使って観察し、クリーンキャンペーンなどの清掃活動や外来生物の除去など自然や川を守る活動に参加し、「自然の大切さを学び、伝えていく」というものです。
河川敷を自転車で走りながら自然に目を向けると、心が穏やかになりとても気持ちよくなります。これから交流できることを楽しみにしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧