活動レポート

活動レポート

SDGs交流会

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2018年8月9日

実施場所:

愛知県一宮市

参加メンバー&サポーター数:

6人

活動の分野:

  • 分野:イベント・交流会 イベント・交流会

活動内容

愛知県一宮市に到着した、逆川こどもエコクラブは、地球博の舞台となったモリコロパークで劇団シンデレラと ともに、エコ工作を行いました。工作は、現地の指導員が森の大切さを語りながら、森にすんでいるムササビをモチーフにした、布のフリスビー作りを行いました。

参加者のようす

布のフリスビーは、白い布に ムササビやコウモリといった森で飛ぶものをデザインして、飛球のための錘として 小石を布の周りに、輪ゴムで縛り、適度なバランスを持った飛球物体が完成しました。

感想・気づいたこと・考えたこと

モリコロパークはその昔、痩せた土地で、緑が少ない地域だったということです。約100年前、地域の森づくりをする人たちが広葉樹や針葉樹を植林して、今の森が作られたということです。 パークは、斜面や、平地、湿地、池といった生物多様で、広大な施設になっています。

その他

現地の指導員の方々ありがとうございました。愛知県に来て、とても良かったと思います。

エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

81 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧