活動レポート

活動レポート

カムルチーGET

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2019年7月28日

実施場所:

水戸市千波湖

参加メンバー&サポーター数:

60人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

13時から開催された千波湖学習会には、逆川こどもエコクラブメンバー&サポーター60人とバンダイナムコ様、いばらきコープ様に加え、当日参加の市民の方々を含めて約120人で盛況に開催されました。
説明や千波湖クイズで千波湖の生き物を学んだこどもたちは、一斉に千波湖へ。
小学2年生以下のこどもたち約30人は、ボートに乗って、前日に仕掛けたワナの引き上げに!すると、そこには、巨大な外来種が捕獲されていました。

参加者のようす

7/7外来種捕獲プロジェクトでは、ミシシッピアカミミガメのみ捕獲できませんでしたが、サポーターが仕事をしてくれました。50cmほどの巨大な「カムルチー」が姿を現しました。これには、こどもたちもビックリ!です。

感想・気づいたこと・考えたこと

カムルチーの和名は雷魚(ライギョ)、1924年に朝鮮半島から奈良県に持ち込まれ、各地に広がった要注意外来生物として4年前まで指定を受けていた大型魚です。これには、サポーターも一安心!7/7のリベンジが果たせました。

その他

オオクチバスもGETできて、参加者に説明することができました。
この他、採取された生き物は、コイ、ギンブナ、ヌマチチブ、ヨシノボリ、モツゴ、タモロコ、テナガエビ、スジエビ、ニホンナマズでした。夏休みらしい楽しい学習を行うことが出来ました。

逆川こどもエコクラブのみなさん、千波湖学習会のようすを報告してくれて、どうもありがとう。たくさんのこと体験をして、たくさんのことを学んでいい思い出ができたね。うらやましい~な。
逆川こどもエコクラブメンバー&サポーターだけで60人、さらに市民の方もたくさん参加してくれて、夏休みらしい楽しいイベントだったね。サポーターさんはみなさんがよろこぶ姿を想像しながら、前の日にワナをしかけおいてくれたのかな。ありがとう!
カムルチー、ゲット!いいな~。ワナを引き上げたときのみなさんのようすを見たかったな。
捕かくした外来種はどうしたのかな。どうするといいと思う?みなさんの意見を聞きたいな。外来種を駆除すればおしまい?生き物のデータはどのようにしてる?
目的をはっきりさせてとったデータは、たくさんのことを教えてくれるよ。これまでの変化がわかるよね。ほかのところとも比かくできるよね。データは残って壁新聞などでみんなに情報を知らせることもできるよね。みんなの力で「世の中を変える」ことだってできるかもしれないよ。データの積み重ねを楽しみにしているよ。
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

137 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧