活動レポート

活動レポート

定例野鳥観察

カワセミ会ジュニアクラブ(東京都八王子市)

活動日:

2019年6月22日

実施場所:

浅川(あったかホール付近~長沼橋)

参加メンバー&サポーター数:

9人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

次ののコースを辿って野鳥を探して観察する。
あったかホールエコ広場から、浅川右岸堤防を八王子卸売市場、さかえ橋、長沼橋まで下り、同橋を渡り、左岸のサイカチ池で観察し新浅川橋を渡りエコ広場に戻り鳥合わせをする。

参加者のようす

今日はこのコースで初めて、カルガモの親子(ひな6羽)が仲良く楽しそうに泳いでいるのを見ました。ほほえましい光景でした。
 
・観察した鳥 23種
 キジ、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、ヒメアマツバメ、イカルチドリ トビ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ ヒヨドリ、セッカ ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、ドバト、ガビチョウ 

・本日のベスト
  イカルチドリ、カルガモ親子

感想・気づいたこと・考えたこと

・今日はカルガモの親子、カワセミの幼鳥(山田川付近)がいた。
鳥は 種類により 巣立つ時期が違う。
カルガモは生まれてすぐ外に出るが、ツバメはある程度大きくなって巣から出る。
・雨が降ると活動的になる鳥がいるので 雨の日の観察も必要。今日のツバメは川面すれすれに飛んでいた。

その他

・前回、5月の活動は、運動会や部活と重なり参加できるメンバ(お子様)がいませんでしたので中止となりました。
・来月のジュニアクラブは7月27日(土)です。年間計画では7月と8月は暑さのため休みの予定でしたが 会員を増やすため「夏休み親子観察会」として行います。ジュニアクラブ会員募集中です。

カワセミ会ジュニアクラブのみなさん、野鳥観察の活動レポートをありがとうございます。
6月は鳥たちの子育ての季節ですね。巣立ったカワセミやカルガモの親子、かわいいですよね。イカルチドリも河原のどこかにひそんで巣を作っているのかもしれませんね。
「鳥は、種類によって巣立つ時期がちがう」。そう言えばそうですね。シジュウカラのヒナは生まれたときは羽毛も生えていなくって、20日くらいは巣の中で親の運ぶ虫を食べて育っているそうです。それに比べて、カルガモは生まれるとすぐに自分で食べ物を探さなければなりません。どうして、鳥によって違うのでしょうか。そんなことを考えながら鳥の観察をするのもおもしろいと思いますよ。
これからも、観察を続けて活動レポート送ってくださいね。待っています。
エコまる
カワセミ会ジュニアクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

36 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名カワセミ会ジュニアクラブ
  • 所在地東京都八王子市
  • クラブの種類その他

クラブ写真

八王子・日野カワセミ会の ジュニアクラブは、未来のカワセミ会を担う子供たちを育てることが目的で、2008年4月に発足しました。子供達を中心に、野鳥観察を通じて身近な環境を見つめ、自然を愛護する心を育み、生き物に関心を高めるために
①野鳥と野鳥が住んでいる環境を観察する。②野鳥が住んでいる環境を良くするためのことを学ぶ。③環境を良くするためできることを行う。④観察したこと、まなんだことをまとめて発表しています。
小学・中学・高校生 サポーター 誰でも会員になれます。
毎月 第2土曜日 エコ広場に集まり 浅川の堤防を歩き 観察しています。 観察のポイントや見どころなどを説明し 11時半頃 エコ広場に戻ります。 観察した鳥について 質問や、感想を話し合いまとめをします。とても楽しいですよ。現在 会員は7家族です。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧