活動レポート

活動レポート

藻川の堤防で春見つけ

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ(兵庫県尼崎市)

活動日:

2019年3月3日

実施場所:

藻川の堤防

参加メンバー&サポーター数:

27人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

堤防を歩いて、黄色やピンクの花を探して、春を見つけます。ツクシも見つかるかもしれません。
テントウムシもさがします。

参加者のようす

ヨモギの葉を見つけて、匂いを嗅いで楽しそうです。セイヨウカラシナが黄色い花を咲かせていました。葉を口に入れると辛かったです。
大きなミミズも見つけました。

感想・気づいたこと・考えたこと

テントウムシはかわいかったです。ミミズは大きくてびっくりしました。

自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみなさん、こんにちは!
春の野原は楽しいですね!草花がめぶき、そのしんせんな草を食べるこん虫やその幼虫(毛虫や青虫)もたくさん見かけます。
私も先日160名のようちえんの子どもたちとそのお父さん合計300人で自然観察をしました。花ざかりのカラスノエンドウのくきに小さな虫がいっぱいついているのを子どもたちが見つけ、大さわぎです。アブラムシです。そして、そのまわりを探すとそれを食べるテントウムシとその幼虫が見つかり、またまた大さわぎ!テントウムシがアブラムシを丸かじりするのを見てみんなビックリしていました。
春は楽しいですね^^また報告してくださいね。
エコまる
自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

72 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名自然と文化の森協会・猪名川キッズクラブ
  • 所在地兵庫県尼崎市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

尼崎市という都市の中で比較的に田畑や自然が残っている園田地域で、地域の自然を楽しみ守る活動をしています。
 藻川の河原には、ヒメボタルがたくさん生息しています。ヒメボタルを守るために、河原のゴミ拾いや特定外来植物:アレチウリやオオブタクサの駆除活動をおこなっています。
 また、川に入っての生き物さがし、河原のバッタなどの観察、春の野草を食べる会、猪名川自然林での木の実遊びなどをおこない、たくさんの子ども達に私達のまちの自然に関心を持ってもらうための活動もしています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧