活動レポート

活動レポート

涸沼ラムサールインタープリター昆虫観察会

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2018年10月8日

実施場所:

鉾田市総合公園

参加メンバー&サポーター数:

21人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

昨年度、涸沼ネイチャーガイドに登録されたクラブサポーター、メンバー21人が集まり、鉾田市環境フェアの会場で、昆虫観察のガイド役を務めました。この取り組みは、涸沼を囲む、鉾田市、茨城町、大洗町の3市町で構成される、「涸沼ラムサール登録湿地 ひぬまの会」事務局が主催する涸沼ネイチャーガイド講座を昨年度受講し、事務局から認定を受けたガイドが更なるステップアップを目指して来場者の案内スキルを学んでいこうと行われました。

参加者のようす

鉾田環境フェスティバルで開催された昆虫観察会のガイド役として、午前・午後、合わせて70名の親子を案内しました。受付から出発までのお手伝い、昆虫観察に出発してからは、参加者のこどもたちに、トンボやバッタを採取するお兄さん、お姉さん役を果たしました。

感想・気づいたこと・考えたこと

トンボの見分け方、バッタの見分け方など、先生の説明を聞いて、はじめてわかったことがたくさんありましたが、まだまだ、半人前のガイドなので、これからも涸沼を学び、いつしか先生になれるよう頑張ります。

その他

来週は世界湖沼会議2018が茨城県で開催されます。私たちクラブメンバーは、13日に寸劇、14日に発表、15日の開会式、15日~19日までのブース出展などもあります。皆様ぜひ、つくば国際会議場に来てください。

逆川こどもエコクラブのみなさん、こんにちは。昆虫観察会運営のお手伝いとガイドをしたのですね。一日いそがしかったと思います。お疲れさまでした!
ガイドはうまくできたかな。初めてわかったこともあったということですが、それは新しいことが学べたということでもありますよね。学べたことを大切にしていけば、そのうち一人前の先生になれると思いますよ。
ガイドをするときに気をつけることはいろいろあると思いますが、なかでも大切なのはガイドを受けた人が楽しんでくれることではないでしょうか。みなさんはどう思いますか?
昆虫の分類方法など専門的な知識を伝えることも重要ですが、まず昆虫を知ることが楽しい!と思ってもらえたら、興味をもってくれるきっかけになりそうだね。自分が伝えたいことだけではなく、相手がおもしろいと思えそうなこと、楽しめそうなことも意識してガイドをしてみてはどうでしょう。
世界湖沼会議2018でも、来てくれた人にとって湖沼のことを楽しく知ってもらう機会を作れるといいですね。
季節の変わり目です。体調に気をつけながら、これからも元気に活動してくださいね
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

75 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧