活動レポート

活動レポート

TOYOTA SOCIAL FES 2018

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2018年9月8日

実施場所:

水戸市逆川緑地

参加メンバー&サポーター数:

152人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

TOYOTA グループと茨城新聞社様が連携して、当クラブの川の学習に参加いただく、TOYOTA SOCIAL FES が、逆川緑地で開催されました。元々、この日は、毎年恒例の「ホーリーホック」さんとゴミローラーを行い、生物にふれあう催しを行ってきましたが、TOYOTAグループさんからのお声がけにより、たくさんの方々が参加する大きなイベントとなりました。

参加者のようす

司会進行は2人の6年生が行いました。開会式には水戸市長様はじめ、いつも一緒に行動していただいているクラブサポーター、協力企業さんなどが集まって、楽しくスタート。ホーリーくんも来場してキックターゲットも行ってくれました。その後、逆川に入って生物学習会を開催。久しぶりの川の学校に、こどもたちも大喜びでした。

感想・気づいたこと・考えたこと

確認された生物は、アユ、オイカワ、カワムツ、タモロコ、モツゴ、ヨシノボリ、ヌマチチブ、ウキゴリ、メダカに交じってカダヤシとグッピーの外来種が。甲殻類ではモクズガ二、スジエビ、テナガエビなど、豊漁でした。みんなで区分けしてミニ水族館を行い、生き物は、また、川に逃がしました。大きなアユが2匹採取され、逆川の水質は健全であることも分かりました。

その他

TOYOTAのプリウスやアクアも展示され、エコカーの見学も行いました。たくさんの方々に、クラブの本拠地である逆川の魅力を知っていただけました。参加いただいた皆様ありがとうございました。

逆川こどもエコクラブのみなさん、たくさんの人が参加するイベントでの活動、お疲れさまでした。
毎年「ホーリーホック」さんとゴミローラーをしているんだね。すごい!注目度もバッチリだね。このゴミローラーの活動が、ホタルがすみ、サケがもどってくる環境を守っているんだね。仲間といっしょに続けていくことで、みなさんのすばらしい活動を多くの人に知ってもらうことができたと思うよ。これからも活動の輪が広がり、さらに多くの人がみなさんと同じように行動してくれるといいね。そして、その先にはゴミローラをしなくてもよい社会が来るといいな。そうなるためには、何をしたらいいのだろう、あらためてみんなで考えてみよう。
どんなごみが多かったのかな、それはどうしてだろうね、ごみはどこから来るのだろうね。みなさんは考えたみたことはあるかな。今、世界中の海でプラスチックのごみが原因で多くの生き物がこまっていますよ。分かったことがあれば報告してね。
さて今回は、いろんな人たちと連携して川の生き物観察会をしたんだね。市長さんも応援にきてくれたなんてうれしいね。司会のメンバーはきんちょうしたかな?でもがんばりました!逆川の良さをたくさんの人に知ってもらえたと思います。これからもそのステキな川を守っていってほしいな。私も応援しているよ。
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

263 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧