活動レポート

活動レポート

ホタルネットワークmito2018の活動がはじまります

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2018年4月15日

実施場所:

水戸市

参加メンバー&サポーター数:

14人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

本日は、水戸ホーリーホック金沢戦でエコステーションを行ってきました。
10名のメンバーと4名のサポーターでペットボトル分別よびかけを行いました。
試合は1-0で勝利!6位に浮上しました。
ホーリーホックの社長も皆様方によろしくとのことです。また、つくばでは、茨城ロボッツも快勝でした!おめでとうございます。
逆川こどもエコクラブのサポーターでもある、地元のスポーツチームの活躍、大変嬉しいです。

参加者のようす

さて、次週21日は、ホタルネットワークmito本年度最初の活動です。英宏の泉の湧水のコンディションも良好です。昨年度は、新たな生物の生息も確認できました。
保全作業とともに、生き物観察を行います。長ぐつ持参で13時に英宏中学校裏手駐車場にお集まりください。
素晴らしい景色です。

感想・気づいたこと・考えたこと

英宏の泉は、今から4年前に、千波湖・偕楽園公園区域の荒れ地だった場所を市民、学校、逆川こどもエコクラブのメンバーがかかわり、年間延べ4,000人が間伐、除草、不法投棄の撤去を行い、ホタルが生息できる空間もつくり、逆川こどもエコクラブが保全してきた黄門様のホタルを分配しました。
今では、ホタルが自生する素晴らしい環境がよみがえりました。しかし、これを維持して継続していくことも私たちの使命です。保全作業を行い、楽しく学習していきましょう。

その他

活動に参加希望の方は、チラシとHPをご覧ください。軽井沢のような見事な空間の中で楽しい活動が行われます。

逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
水戸ホーリーホックも、茨城ロボッツも調子がいいですね。鹿島アントラーズも頑張っています^^ 茨城県民としてはうれしいかぎり♪
さて、今年も英宏のホタル保全活動がはじまりました。逆川こどもエコクラブのみんなの取り組みについては、壁新聞や活動レポートでチェックさせていただいています。頑張っている様子がいつもうかがえて、本当に素晴らしいと思っています。
何事でも、はじめは熱心に取り組むものですが、中だるみがうまれてきますね。初心を忘れず、今年も活動を継続してほしいと思いました。
今回のレポートでは、ホタルの生息地の維持を自分たちの使命ととらえ、活動していく決意もうかがえました。今年の活動も期待ができますね。どんな活動の年になるか、次の報告も待っています。
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

209 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧