活動レポート

活動レポート

野鳥観察と野鳥のスケッチ

わくわくエコクラブ(岡山県津山市)

活動日:

2018年2月18日

実施場所:

津山市

参加メンバー&サポーター数:

5人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

野鳥観察にいつもの山に行きました。コゲラ、カモ、シロハラ、ヒヨドリ、ツグミ、トビ、ジョウビタキ、キジバト、スズメ、カラス、メジロ、の姿を見たり、声を聴いたりしました。
山の頂上にある檻には何もかかっていませんでしたが、少し下ったところでキツネが罠にかかっていました。
ヤマアカガエルはまだ、卵を産んでいませんでしたが、カスミサンショウウオの卵を見つけました。
自然教室に来ている子どもの家で、家に夜にぶつかって死んでしまったオオバンの嘴、脚などをスケッチしました。

参加者のようす

罠にかかったキツネの横を通ると襲ってこないかと心配していましたが、キツネの方が怖がって逃げました。野生のキツネに遭うなどめったにないことなので驚いてテンションが上がっていましたが、キツネがこのあとどうなるのかを皆心配していました。

感想・気づいたこと・考えたこと

キツネの住み家を発見していたので、そこに住んでいたキツネかもと思われます。
オオバンの脚は普通の鳥の脚とは全く違い、ひれがひらひらとついているようで、この足で泥の上を歩くのかと思うと不思議でした。足の節が1つ、2つ、3つ、4つと脚の指で違うのも不思議でした。

その他

まだまだ寒いですが、カスミサンショウウオの卵があるという発見もあり、徐々に春が近づいて来ています。

わくわくエコクラブのみなさん、こんにちは!
キツネがわなにかかった様子をみることができたのはすごいですね!キツネのすみかはどんな様子でしかた?また細かく報告してくださいね。
オオバンの足も、普段はなかなか観察できないのですが今回は近くでしっかり観察できたようで良かったですね。図かんや写真では良く見られませんから。カスミサンショウウオも2月になると、そろそろ産卵が始まります。これから観察を続けてみてください。アタマの横に水中でも呼吸が出来るエラがついたかわいい幼生が見られますよ^^ ちなみに、成長して水中から出るころにはエラはとれてなくなります。
また報告してくださいね。
エコまる
わくわくエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

241 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名わくわくエコクラブ
  • 所在地岡山県津山市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真(No Image)

エコな活動を日々わくわくとしています。
壁新聞づくりは毎年恒例の行事となりつつあります。
里山、川の活動が多いです。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧