活動レポート

活動レポート

江の島の磯大探検!2017

片瀬少年少女探検隊(神奈川県藤沢市)

活動日:

2017年6月10日

実施場所:

江の島の南の磯

参加メンバー&サポーター数:

49人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

片瀬少年少女探検隊の恒例企画の江の島の磯探検です!
観光地として有名な江の島ですが、南側の磯は大潮の時に行くと、いろいろな水生生物を見ることができます。
実際に潮だまりに取り残された生き物を捕まえて観察します。
江の島自然「磯」探検。片瀬の子どもたつにとっては身近な江の島だけど、知らない自然がいっぱい!磯や島内では、いろいろな生物を観ることができました!

参加者のようす

恒例の江の島の磯探検です。潮が引いたときにできるトンボロを通って江の島に上陸し、南の磯へ移動です。干潮にできる潮だまりにはいろいろな水生生物がいます。太平洋に面していて相変わらずのきれいな磯で生き物探しでした。
海に入ってヤドカリやアメフラシやカニや魚などいろいろな水生生物を採取して見学したり、ウメボシイソギンチャクの分布調査をしたりと磯の探検を楽しみました。
タコやウツボも目撃しました。自然がいっぱいの江の島の南の磯です。

感想・気づいたこと・考えたこと

・フナムシが気持ち悪かったです。水の中に色々な生き物がいました。
・今日は江の島で色々な魚や植物を見ることができてとても楽しかった。昔の人はお皿などを海の植物で洗ったり、とても小さいタコがいるなど色々なことを知る事が出来た。
・江の島にフナムシがすごく沢山いてすごくびっくりしました。アメフラシもいっぱいいて、プニプニしていて気持ちよかったです。お魚は、大きいものも、小さいものもいっぱいいて、捕まえられれてよかったです。
・一番楽しかったのが生き物を観察したり、捕まえることです。それとフナムシを追いかけることも楽しかったです。でも一番見たかったウミウシとかナマコがいなかったので残念でした。
・砂浜の上に水があったのに強行突破したから靴がぐちょぐちょになった。去年は登れなかった壁を登れたのでよかったです。みんなでカニや小魚などを捕まえられたのでよかったです。
・ウツボを取り逃がした。
・魚やカニを捕まえて楽しかった。
・アメブラシがプニプニしていて気持ちよかったです。
・晴れたおかげでいっぱい観察ができました。
・今日学んだ毒の生き物を思い出してお母さんに話します。
・アメフラシ、ヌルヌルして気持ち悪かったです。小さいのは可愛かったです。
・フナムシいすぎ。アメフラシ触りそこねた。ウニを捕まえてみたかった。

その他

・魚を追い込んで5匹いっぺんに取ったことが印象に残っています。
・一番僕が好きだったのはアメブラシ。プニプニして気持ちよかった。
・色々な海の生き物の名前を知れてよかったです。岩の中にウツボがいて捕まえられなくて、くやしかったです。
・一番キモイのはフナムシ。一番いいのはマダコ。
・いろいろな魚やヤドガリ、カニなどが見られてよかったです。アメブラシなども触るとプルプルして面白かったです。
・磯で色々な江の島の海の生き物に会えて楽しかった。ヤドガリも沢山いた。
・ヤドガリを捕まえられた。でかいカニを見られた。
・磯遊びでカニを逃が しちゃったけれど楽しかったです。
・海に行ってもいつも気にしないので、すごく勉強になり ました。
・磯、楽しかった。
・沢山の生き物が見たれてとても楽しかった

エコまる
片瀬少年少女探検隊のみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

0 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名片瀬少年少女探検隊
  • 所在地神奈川県藤沢市
  • クラブの種類児童館公民館

クラブ写真

自分たちが住む地域の自然に直接触れ合うことで主体的に自然環境について考えられることができるような活動を展開しています。
 片瀬地区の小学4年生から6年生が集まり、月1回のペースで里山や江ノ島の自然観察・調査活動やエコを意識したごみの少ない料理作りなどに取り組んでいます。
また、探検隊を卒業して中学生・高校生になった子どもたちが、、サポートスタッフとして活動に参加し、次世代スタッフの育成の場としても活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧