活動レポート

活動レポート

常陸秋そば収穫祭

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2017年12月3日

実施場所:

茨城県常陸太田市

参加メンバー&サポーター数:

55人

活動の分野:

  • 分野:農業・栽培 農業・栽培

活動内容

昨日、サケレンジャーとしてお世話になりましたクラブメンバーの常磐大学のお兄さん。お姉さんが、一年間取り組んできた地域連携プロジェクト「常陸秋そば収穫祭」に参加して、美味しいお蕎麦をご馳走になりました。

参加者のようす

参加者は、プロジェクトに参加して、常陸秋蕎麦やお米、サツマイモなど、地域の特産物を農家さんの指導の元、作ってきた学生の成果発表やホタルネットワークmitoの活動報告を行って、蕎麦の会食を楽しみました。

感想・気づいたこと・考えたこと

私たちも、蕎麦は作れませんが、配膳のお手伝いをしました。大学のお姉さん、お兄さんたちには、ホタル保全の除草、ビオトープの植物採取、昨日のサケレンジャーなど、今年も、たくさんお世話になりました。少しはお手伝いの気持ちで参加しましたが、お蕎麦がとても美味しくて、夢中で食べてしまいました。

その他

常磐大学松原ゼミナールは、エコプロ2017で3日間、ブースを出展します。私たちクラブメンバー先輩のブースに、ぜひ、来場してください。

逆川こどもエコクラブのみなさんへ
「常陸秋そば収穫祭」が行われた常陸太田市やその周辺の那珂市、ひたちなか 市、東海村などではそばや乾燥イモが特産品ですね。
私は、ひたちなか市内に4年間いました。その間に、美味しいおそば屋さん巡りをしましたし、丸干しの乾燥イモの大ファンになりました。そばも乾燥イモも、この地域の畑の土壌(ど じょう)や気候に合っているのですね。
活動レポートには、皆さんが美味しそうに秋そばを食べている写真が掲載されて いますが、常陸の土壌と気候など自然の恵みに感謝ですね。
そして、『エコプロ2017』で、常磐大学松原ゼミナールのお兄さん、お姉さんた ちのブースに、たくさんのお客さんが訪れるといいですね。次回の報告も楽しみに待っています^^
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

66 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧