活動レポート

活動レポート

外来生物 アメリカナマズフィッシング

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2017年8月6日

実施場所:

水戸市千波湖

参加メンバー&サポーター数:

32人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

夏まつりの最後は、千波湖で、外来生物フィッシングを実施。昨年は、ミシシッピアカミミガメが連続でかかった千波湖、アメリカナマズをGETするべく17時に集合しました。午前中に逆川に入ったメンバーの中から「疲れ知らずの釣り愛好家」が集いました。

参加者のようす

早速、アメリカナマズか?と、思われる強い引き。あがってきたのは、なんと、スッポンです。これには、みんな驚き。
千波湖は、昔からスッポンがすんでいます。アメリカナマズやミシシッピアカミミガメなど、大型の外来生物が増えた千波湖に根強く生き残っていました。

感想・気づいたこと・考えたこと

次は、ニホンウナギが釣れました。こどもたちは、天然のウナギに大興奮。ヌルヌルしたウナギを触ったり写真を撮ったりしながら楽しんでいました。肝心のアメリカナマズは?残念ながら、ワナにかかった4cmの稚魚だけにとどまりました。

その他

本命が釣れなくて残念でしたが、また、リベンジしましょう。皆様、一日お疲れ様でした。

逆川こどもエコクラブさん、こんにちは。
午前中に逆川で生き物探し、夕方からは外来生物フィッシングとは、本当に疲れ知らずのツワモノ集合ですね。さすがこどもエコクラブのメンバー!(^^)!
スッポンにニホンウナギと、すばらしい釣果でした。在来種がちゃんと生き残っていることを確認できましたね。
スッポンは甲長を、ウナギは全長を計測して日付と一緒に記録しておくと貴重なデータになると思いますよ。釣り道具に加え、折れ尺かメジャーを1つ持っていくと何かと便利です。今後の釣りのときに、よかったら試してみてください。
次回はアメリカナマズやミシシッピアカミミガメなどの外来生物がかかるといいですね。でもかからなかったということは昨年よりも減っているということかな?喜んでいいことかも^^
これからも在来種を含めて、より多くの生き物がすめる環境をめざして頑張ってください。期待しています!
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

118 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧