活動レポート

活動レポート

逆川夏まつり川の学校

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2017年8月6日

実施場所:

水戸市逆川緑地

参加メンバー&サポーター数:

67人

活動の分野:

  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

毎年恒例の逆川夏まつりが開催されました。夏休み真っ盛りの日曜日、メンバーが続々と逆川に集結、いばらきコープさんも組合員様の「川の学校」として参加されました。クラブサポーターの大学生8名が川へのエントリー通路を草刈り、その後、ぞろぞろと、子供たちは川の中へ。約1時間、水遊び?ではなく、生き物採集を行いました。

参加者のようす

はじめは、夢中で生き物を採取していたこどもたち、気温が上がった夏の日差しを受けて、気持ちよさそうに水遊びもはじまりました。しっかり、採取するべき生き物も確認できて、陸上にあがると教室は子供たちが先生となりました。
採取された生き物は次のとおり。
魚11種:ウグイ、カワムツ、モツゴ、二ゴイ、コイ(目視)、ヌマチチブ、トウヨシノボリ、カワヨシノボリ、ニホンウナギ、メダカ、グッピー 甲殻類4種:アメリカザリガニ、モクズガニ、テナガエビ、ヌマエビ

感想・気づいたこと・考えたこと

毎年、確認できているニホンウナギが、今年も採取できました。陸に上がると、5年生から中1までのメンバーが早速、仕分け作業を開始、その後は採取された生き物を解説していきました。更に、CODのパックテストでは、サポーターの大学生「公式認定:いばらき水の天使」と、代表「非公式認定:逆川の水の天女」が指導にあたりました。

その他

高学年のメンバーたちは、幼稚園児までの面倒をしっかりみながらサポーターの助手を務めてくれました。自ら積極的に行動するクラブの子供たち。サポーターはいつも感謝しています。

逆川こどもエコクラブのみなさん、こんにちは。
とても楽しく活動できた様子が写真から伝わります。ちょっと笑いました^▽^
サポーターの大学生が草刈りをしてくれたり、高学年のメンバーが低学年のメンバーの面倒を見てくれたり、逆川こどもエコクラブならではの良さが感じられました。
「いばらき水の天使」、思わずインターネットで調べてしまいました。ステキな天使と一緒に活動できていいですね!逆川の水の天女は、クラブで任命したのかな?代々続いていくとおもしろいですね。
次のレポートも楽しみにしています。
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

420 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧