活動レポート

活動レポート

ペットボトルのその後

逆川こどもエコクラブ(茨城県水戸市)

活動日:

2017年4月6日

実施場所:

茨城県笠間市

参加メンバー&サポーター数:

5人

活動の分野:

  • 分野:ごみ・リサイクル ごみ・リサイクル

活動内容

私たちのホームタウンのサッカークラブ、水戸ホーリーホックの試合で実施している「エコステーション」で回収したペットボトル!ケーズデンキスタジアムに足を運んでいる水戸のサポーターは100%分別してくれます。このペットボトル。。さて?何のために分別しているのでしょうか?その後はいったいどうなるでしょうか?

参加者のようす

今日は、水戸ホーリーホックの代表が、ペットボトルをリサイクル工場に持っていきました。私たちが回収したペットボトルは、県内のリサイクル施設に収められます。そして、ここからがすご技です!ペットボトルは、きれいに洗浄され、細かく砕かれて、「原料」になるのです。この「原料」?は、また、ペットボトルに再生される他、透明なケース、シャンプーやリンスのケース、ランドセルやカバン、なんと、ユニホームやTシャツ、靴などの繊維になっていくのです。

感想・気づいたこと・考えたこと

日本の技術は素晴らしいです。私たちが便利に飲んでいる飲料のペットボトル。リサイクルすればそれだけCO2の発生が抑えられ、資源循環に役立つのです。こどもエコクラブ全国フェスティバルでも、スポンサー企業が出展し、便利なものを作っていることを知りました。みんなが意識して実行に移せば、より良いエコな社会ができることと思います。これからも、分別呼びかけ頑張っていきます。

その他

地域のスポーツクラブとエコ事業所が手をつなぐことは、より多くの人たちに行動が広がっていきます。水戸ホーリーホックはサッカーだけでなく、日本一「人と環境にやさしいクラブ」を目指しています。次は4/22 13:00福岡戦キックオフです。皆様スタジアムに来てください。

逆川こどもエコクラブのみなさん、こんにちは。
今回はリサイクル工場での作業の様子を見学したとのこと。分別された資源ごみがその後、どのようになるのか、実際に見る機会は少ないですよね。ペットボトルから繊維が作られるのは知っていましたが、ランドセルやカバンにもなるのですね。
道を歩いていると、ペットボトルや空き缶が捨ててある場合があります。みなさんのレポートにあるように、リサイクルすれば立派な「原料」になることを、もっとたくさんの人に知ってもらえるといいと思います。
相手チームのサポーターさんやスタジアムに応援に来た方にも、ぜひアピールしてくださいね。
エコまる
逆川こどもエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

428 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名逆川こどもエコクラブ
  • 所在地茨城県水戸市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真

水戸市街地を流れる逆川は平成17年からサケが遡上して産卵したり、緑地には逆川こどもエコクラブホタルレンジャーが守っている保全地など自然観察に好条件がそろっています。近くには市のシンボル千波湖もあり、毎月の環境学習会にも多数参加しています。平成24年度103名のクラブメンバーは今の環境を更に改善できるよう学習会、ホタル保全活動、サケ観察会、ごみローラー作戦、壁新聞作りなど楽しく活動しています。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧