活動レポート

活動レポート

雪降る中で野生動物観察会

わくわくエコクラブ(岡山県津山市)

活動日:

2017年1月21日

実施場所:

岡山県津山市

参加メンバー&サポーター数:

4人

活動の分野:

  • 分野:水
  • 分野:自然・生物多様性 自然・生物多様性

活動内容

雨雪の中で親子自然教室に参加しました。
発見した足跡:ウサギ・ヌートリア・キツネ・タヌキ・イタチ
観察出来た鳥:カワウ・ジョウビタキ・ミヤマホオジロ
鳴き声:ウグイス・ハシブトガラス
箱罠に入ったイノシシ2頭(30~40キロ程)
檻から1メートル位のところで観察しました。

参加者のようす

箱罠に入ったイノシシがガンガン体当たりするのを間近で見て可哀想だという子ども、じっと観察している子どもがいました。
動物の足跡を見つけるとフィールドサインの本で足跡が何かを予想して先生に報告していました。

感想・気づいたこと・考えたこと

鳥達はいつもより少なくて残念でしたが、箱罠に入ったイノシシを見るという貴重な体験をしました。
自然教室の畑のサツマイモもイノシシに荒らされて収穫が殆どなかったことがあり、今年もサツマイモはトタンで囲って育てました。
動物の姿は見えなくとも足跡や動物の残したフィールドサインで何がいるか考えることが出来る為、どういう足跡がどういう生き物かどのような歩き方をするのか考えながら歩くと探偵のようだと思いわくわくと楽しかったです。

その他

自然教室を楽しみにしていたクラブ員がインフルエンザでお休みしました。昨日の雪も少し積もっていいた為参加者が少なく残念です。

わくわくエコクラブのみなさんへ
自然観察会の様子を報告してくれてありがとうございます^^
雪が降ることで、動物たちの痕跡(こんせき)が目に見えて観察ができて、すっかり探偵気分になれますね^^
また、周りの木々も葉っぱが落ち、鳥類たちの姿がはっきりと見えるので、冬は鳥類観察にもちょうどいい時期です^^
今回はイノシシが檻につかまっていたことや、さまざまな動物の足跡が見られたことなど、いろんなハッケンがあって、メンバーたちにもいい刺激になったと思います。
観察力をみがくと、生き物の行動やエサなどに興味が出てきます。今回だったら、どうしてイノシシの檻があったのか、それはいつから設置されているのか、イノシシの前の住処は??といったように、疑問はどんどんふくらみます^^
ぜひ出会った生き物たちへ興味を持って、これからも自然観察会を楽しんでくださいね^^
みなさんからの次回の報告も、楽しみにしています。
エコまる
わくわくエコクラブのみんな、報告ありがとう!
環境に関することならどんなことでもエコロジカルあくしょん!
これからも一緒にがんばろう! がんばってるなと思ったら拍手をしてね★
拍手する

290 拍手

クラブのプロフィール

  • クラブ名わくわくエコクラブ
  • 所在地岡山県津山市
  • クラブの種類近所や地域のお友達

クラブ写真(No Image)

エコな活動を日々わくわくとしています。
壁新聞づくりは毎年恒例の行事となりつつあります。
里山、川の活動が多いです。

これまでの報告

クラブの活動レポート一覧

活動レポート一覧